【ブログ】超絶ベースシンセ、pandaMidi Solutions Future Impact I.の真髄!デスクトップエディタ解説第3回!

今でも高値で取引される伝説のベースシンセサイザー、Akai Deep Impactの開発者が自身のブランドで新たに作り上げた新時代の超絶ベースシンセペダル!それがpandaMidi Solutions Future Impact I.。

圧倒的なサウンドを作り上げる真髄、デスクトップエディタの解説です。第1回、そして第2回と続けましたが、今回で全体の機能をご案内できるようになります。

デスクトップエディタはhttp://pandamidi.com/support/からダウンロードできます。

では、続きから。MIDI機能からご覧いただきます。

●MIDI、ポルタメント、キーボードブロック

このブロックのパラメータは、Future Impact I.がMIDI Inを使用する際の設定を行います。Future Impact I.はベースを接続するか、MIDIからコントロールするかで内部的には別のモードになりますが、スイッチは必要ありません。モード切替えは自動的に行われます。Input端子にベースのシグナルがあればBassモードに、MIDI In端子にNote OnシグナルがあればMIDIモードに切替わります。そのため、MIDIからFuture Impact I.を操作する場合、Inputからのオーディオシグナルが無い状態にします。
Bassモードではベースシグナルのエンベロープでフィルターカットオフはコントロールされますが、MIDIモードではキーベロシティのVCFカットオフをコントロールします。

・PBD RANGE(0~12):ピッチベンドレンジを半音単位で設定します。ピッチベンドホイールでピッチを可変した際のFuture Impact I.の動作を設定します。

・TRAMSP OCTAVE(-2~1):入力されるMIDIインフォメーションをFuture Impact I.の音程に合わせるため、入力される音程に-2、-1、0、+1オクターブの移調をすることができます。Future Impact I.は4~6弦ベースの音程をカバーしています。

・PORTAMENTO TIME(0~127):このパラメータを0以外に設定すると、ピッチチェンジの際に設定した時間でポルタメント(ピッチグライド:ピッチチェンジをスムースに移行する)を行います。

・PORTAMENTO MODE:このモードがfix timeに設定されていれば、ピッチチェンジ時のピッチステップの大きさに関わらず、常に同じ時間をかけてポルタメントを行います。fix rateに設定されていれば、ポルタメントレート(ピッチグライドの速度)は常に一定で、ターゲットノートに到達するまでの時間はスタートノートとターゲットノートの音程差により変わります。

・T/G MODE:gateモードとtriggerモードを切替えます。gateモードでは新しい音を開始する前に全てのキーを離す必要があります。triggerモードではキーが押されるたびに新しい音のアタックを開始します。

・PRIORITY(lower / upper / first / last):このパラメータは、同時に複数の音が入力された際にFuture Impact I.がどう動作するかを設定します。lowerでは最も低い音程を、upperでは最も高い音程を、firstでは最初に入力された音を、lastでは最後に入力された音を再生します。


●メインアウトプットミキサーブロック

エフェクトセクションにつながる最後のアウトプット前にはシンプルな2チャンネルミキサーがあります。このブロックではミキサーのコントロールを行います。

・BASS / VCF(0~127):このセッティングで、ダイレクトベースサウンドとVCFを通したシンセサイザー/ハーモナイザーサウンドのバランス(ラウドネス比)を調整できます。

●エフェクトブロック

エフェクトブロックでは3種類のエフェクトを選択することができます。(今後のアップデートで拡張予定です。)

・TYPE(off / chorus / overdrive / equallizer):ここでエフェクトタイプを選択します。off(バイパス)、chorus(コーラス/フランジャー/スラップバック/リバーブ)、overdrive(オーバードライブ)、equallizer(イコライザー)を選択できます。各エフェクトタイプごとのパラメータは後述します。

・BASS/VCF(0~127)(off / on):ベースとVCFの2つのメインサウンドにそれぞれどの程度エフェクトをかけるかを設定します。エフェクトタイプにより、数値が同じでも違った動作をします。タイムモジュレーションエフェクトでは0~127の連続可変スケールでドライシグナルとエフェクトシグナルのブレンドレシオを設定します。オーバードライブやイコライザーではブレンドはありませんので、パラメータがoff/onのみとなります。これはそれぞれのサウンドにエフェクトをかけるかどうかを選択します。

●エフェクト1:chorus(コーラス/フランジャー/スラップバック/リバーブ)

このエフェクトはフレキシブルにパラメータをコントロールできます。パラメータによってコーラス、フランジャー、スラップバックエコー、そしてシンプルなリバーブを作ることができます。
このエフェクトには2つのモジュレーション可能なディレイライン、モジュレーターとして使用できる2つのLFOがあります。2つのLFOはどちらがどちらのディレイライン、というように固定して割り当てられているわけではなく、それぞれのLFOがそれぞれのディレイラインをモジュレートできます。

・LFO A FRQ, LFO B FRQ (0~127): 2つのLFOの周波数を設定します。

・LEVEL1, LEVEL2 (-64~63): 2つのディレイラインのアウトプットレベルを設定します。振幅はマイナスに設定することも可能で、ディレイタイムの値をごく小さく設定した場合や2つのディレイタイムを近く設定してフランジャーエフェクトを作る際に重要な値です。

・DELAY1, DELAY2 (0~127):ディレイタイムを設定します。最大ディレイタイムは160ms程度です。ディレイとモジュレーションを合わせて使える音となるよう設定します。

・MOD1A, MOD1B, MOD2A, MOD2B (0..127): LFO AとBがディレイ1と2をそれぞれモジュレートする際の振幅を設定します。

・FBCK LEVEL (0~127): フィードバックレベルを設定します。発振が発生しないようにディレイのフィードバック値を設定します。発振すると音が完全にブロックされることがあります。

・FBCK DMP (0~127): フィードバックダンプパラメータです。フィードバックパスにローパスフィルタを適用し、ナチュラルで温かなサウンドを作ります。

●エフェクト2:overdrive(オーバードライブ)

・DRIVE (0~127): 歪みの強さを調整します。
・LEVEL (-6~+6):アウトプットレベルをdB単位で設定します。DRIVEパラメータの設定により、アウトプットレベルが変化することがあります。その際にはこのLEVELパラメータでレベルの調整を行います。




●エフェクト3:equallizer(イコライザー)

イコライザーはベースシェルビングコントロール、2つのパラメトリックバンドイコライザーステージ、トレブルシェルビングコントロールから構成されています。

このセクションではグラフィカルエディターを使ってイコライザーを操作することもできます。上部にあるフェーダーとエディターのアイコンをクリックすることで、フェーダーとエディターを切り替えることができます。

・BASS FRQ (0~127): このコントロールはベースシェルビングフィルターの周波数を50~270Hzの範囲から設定します。

・BASS SLOPE(0~127):ベースフィルターのスロープ(可変の急峻さ)を調整します。3~10dB/octaveの範囲から設定します。

・BASS BOOST(-20~+20):±20dBまでのブースト/カットが可能です。

・MID1 FRQ, MID2 FRQ (0~127): 2つのパラメトリックイコライザーステージの中心周波数をそれぞれ設定します。170~7000Hzの範囲で設定します。

・MID1 Q, MID2 Q (10..100): 2つのパラメトリックイコライザーのレゾナンス(Q)を1~10の範囲で設定します。

・MID1 BOOST, MID2 BOOST (-20~+20):±20dBの範囲でブースト/カットを行います。

・TREBLE FRQ (0~127):トレブルシェルビングフィルターの周波数を2000~7000Hzの範囲から設定します。

・TREBLE SLOPE (0..127):トレブルフィルターのスロープ(可変の急峻さ)を調整します。3~10dB/octaveの範囲から設定します。

・TREBLE BOOST (-15..+15):±15dBまでのブースト/カットが可能です。

Future Impact I.本体のParameterノブで選択できるEffectパラメータはここで設定したイコライザーを調整が可能です。Effectパラメータを5に設定すると、ここで設定したイコライザーがそのまま反映されます。Effectパラメータを上げるとTREBLE BOOSTが2dBずつ増加し、BASS BOOSTが2dBずつ減少します。MIDコントロールは変化しません。Effectパラメータを上げると音がシャープになり、下げると温かな音になります。

グラフィカルエディターを使用すると、マウスを使ってドラッグすることでフィルターステージの周波数(左右)とブースト/カット(上下)を調整できます。
右クリックをしながらドラッグすると、ベースとトレブルシェルビングフィルターのスロープと2つのミッドパラメトリックイコライザーのQを可変することができます。


●ブロックアジャストモード

エディターにはブロックごとにまとめてコントロールをアジャストする3つのオプションがあります。8つのプロセッシングブロックを選択(Select All/Clear Allボタンからまとめて選択/解除が可能)し、それらのパラメータをまとめてコントロールできます。

・Default:ブロックをデフォルトパラメータに設定します。
・Reset:ブロックの操作を元に戻します。
・Random:ブロックの全てのパラメータをランダムな値に設定します。


MIDI
Future Impact I.は、下記のMIDIインフォメーションを受信することができます。
・NOTE ON (ベロシティ含む)
・NOTE OFF
・PITCH BEND
・PROGRAM CHANGE (1~99でプログラム1~99を選択)
・MODULATION (コントロール1;デフォルト値:127)
・BREATH CONTROL (コントロール2; デフォルト値: 127)
・MIDI VOLUME (コントロール7; デフォルト値: 127)
・SOSTENUTO (コントロール66; エフェクトOn/Off) 値が64未満でエフェクトOFF、64以上でエフェクトON
・SOFT PEDAL (コントロール67; プログラムデクリメントスイッチ) 値が64以上ならステップダウン後にスクロール、値が64未満で停止
・FILTER CUTOFF (コントロール74; デフォルト値: 64)


補足1:MODULATION(コントロール1)はVCFとVCOのLFOモジュレーションにルーティングされます。Depthが設定されている値は、コントロール1の値が127(最大)のときに到達します。実際、プログラムされているモジュレーションの値にはMIDIコントローラーの値/127が掛けられます。
Future Impact I.をキーボードで操作し、Modホイールを使ってホイールをリリースすると、コントローラーの値は0になり、これらのDepthの値も0になります。そのままキーボードを外し、Future Impact I.にベースを接続して音を出すと、モジュレーションがかからない状態となります。その時はFuture Impact I.をOFFにしてからONにし直して下さい。

補足2:MIDI VOLUME(コントロール7)はFuture Impact I.の最終出力で調整を行います。この値はプログラムパラメータから独立しています。キーボードやMIDIペダルでFuture Impact I.のボリュームを調整し、それらを切断してからデフォルトの値に戻すにはFuture Impact I.をOFFにしてからONにし直します。

補足3:BREATH CONTROL(コントロール2)はアウトプットミキサーのVCFボリュームをコントロールします。MIDIブレスコントローラーが127(最大)に設定されていれば、その値がプログラムされたプリセット値となります。BREATH CONTROLはMIDI VOLUMEと2つの点で異なっています。
1:このコントロールはシンセボイスの音量のみを調整し、ベースの音量は可変しません。
2:このコントロールはエフェクト前に設定します。このコントロールをプルダウンしてもディレイエフェクトはミュートされません。

補足4:NOTE ON、NOTE OFF、PITCH BENDはMIDIモードでのみアクティブとなります(MIDI NOTE ONを検知すれば自動的にMIDIモードになります)。他のコントロールはMIDIモードとBassモードの両方で有効です。

・MIDIスルー:Future Impact I.のMIDI Outは、MIDI Inから入力されたインフォメーションをミラーバックします(Conrol6:Data Edit、NRPNコントローラー、SysExを除きます)。

・プログラムチェンジアウト:Future Impact I.でプログラムの変更が行われた時、MIDI OutからFuture Impact I.が受信するMIDIチャンネルでプログラムチェンジコマンドを送信します。Programスイッチやプログラムデクリメントコマンドを受信してプログラムを選択中は影響しません。MIDI Inからのプログラムチェンジシグナルを受信した場合はプログラムチェンジアウトが行われますが、MIDIスルーによりいずれにせよ同じシグナルが出力されています。