【ブログ】あと1つ「あったらいいな」を実現するワンコントロールの小さなスイッチャー!


● Tri Loop


One Controlは、さらなる機能性を確保し、2ループボックスを新たな次元のエフェクターツールとして進化させました。それが、One Control Tri Loopです。
Black LoopとWhite Loopの機能に加え、BJF Bufferを内蔵。さらに様々な機材をコントロールする司令塔としての役割も追加しました。Black、White、そして司令塔としての機能。それこそがTri Loopの名を表す、2ループボックスの金字塔の証です。

Tri Loopには、4つの動作モードを搭載します。
・mode Red:Black Loop+BJF Buffer+Latch Switch (Loop2をパラレルアウトとして使用可能)
・mode White:White Loop+BJF Buffer (Loop2をパラレルアウトとして使用可能)
・mode Blue:Twin tap tempo Switch(Bogner Ecstasy Blue/Red/Uberchallペダルの操作にも対応)
・mode STR:strymon Favorite / Tap Switch


● mode Red


Black Loopを受け継ぐシンプルな2ループボックスです。2つのフットスイッチでそれぞれ2つのループのON/OFF操作を行います。
フットスイッチRがLoop1、フットスイッチLがLoop2のON/OFFです。
また、フットスイッチRを4秒間長押しすることで、インプットにBJF Bufferをかけることができます。
BJF Bufferの状態は,BJF Buffer LEDで表示されます。

Loop2のRETURNジャックに何も差し込まなければ、Loop2のSENDとOUTPUTからは同じ信号が出力され、パラレルアウトとしてご使用いただけます。
BJF BufferをONにすると、バッファードスプリッターになります。



また、それぞれのループは、SEND端子をラッチ式のフットスイッチとしてご使用いただけます。
さらに、Loop1のSENDを使用することで、2つのラッチスイッチをステレオケーブル1本で接続することもできます。

(ラッチ式スイッチとエフェクトループを兼ねることはできません。ステレオケーブル使用時は、Loop2には何も接続しないでください。)

※仕様上、フットスイッチLとRの同時押しによるコントロールは行えません。フットスイッチとしてご使用になる場合、お使いの機器の仕様をお確かめください。



White Loopを受け継ぐ、2つのループを1発で切替えられる”Flash Loop”を備えた2ループボックスです。

フットスイッチRでループのON/OFFを、フットスイッチLでLoop1とLoop2の切替えを行います。選択中のLoopはLoop1LEDとLoop2LEDで表示され、LoopのON/OFFはMODEスイッチが表示します。

また、選択中のループの位置に合わせたフットスイッチを4秒間長押しすることで、それぞれのループ選択時にBJF Bufferをかけることができます。
例えばLoop1選択中にフットスイッチRを長押しすると、Loop1選択時にインプットにBJF Bufferを入れることができます。
BJF Bufferの状態は,BJF Buffer LEDで表示されます。Loop2を選択し、RETURN端子に何も接続しなければLoop2のSENDとOUTPUTからパラレルアウトが可能です。



Loop1のRETURNに何も差し込まなければABボックスとなります。
Loop2のRETURNに何も差し込まなければ、Loop2のSENDとOUTPUTからは同じ信号が出力され、パラレルアウトとしてご使用いただけます。BJF BufferをONにすると、バッファードスプリッターになります。

※Loop1選択中にフットスイッチLを、Loop2選択中にフットスイッチRを長押ししてもBJF Bufferはかかりません。BJF Bufferの設定は、ループ自体のON/OFFに関わらず行うことができます。


● mode Blue



タップテンポモードです。Loop1とLoop2のSEND端子がアンラッチスイッチの端子となり、タップテンポやアンラッチ式の信号を受信する機材の操作を行えます。

フットスイッチRがLoop1、フットスイッチLがLoop2のSEND端子からの操作を行います。
また、それぞれのフットスイッチを4秒間長押しすることで、対応するスイッチの極性を反転させることができます。


● mode STR

Strymonのエフェクターを操作するSTR modeです。
タップテンポとFavoriteスイッチをそれぞれ1つずつ操作することができます。フットスイッチRがタップテンポで、Loop1のSENDとタップテンポを受けるStrymonペダルをステレオケーブルで接続します。

また、Outputと外部Favoriteスイッチに対応したStrymonペダルを接続することで、フットスイッチLをFavoriteスイッチとしてご使用いただけます。

※外部タップテンポ、またはFavoriteスイッチに対応したStrymonペダルをお使いになり、それぞれの操作を受け入れる設定にしておく必要があります。

スイッチを押した際の動作、LEDの点灯については、Strymonペダル側の設定により変化する場合があります。
Loop2のSEND/RETURN端子には何も接続しないでください。




・エディットモード

Tri Loopのモード変更は、フットスイッチLを押しながら電源を接続することで行います。
この時、BJF Buffer LEDが点滅し、エディットモードであることを示します。その後、フットスイッチRを押せば中央のLEDのカラーが変わり、それぞれのモードに変更することができます。選択したいモードを選び、フットスイッチRを長押しすることでモードが決定されます。次回起動時には前回選択されたモードが保存されています。

一度モードを選んで機材を接続すれば、ステージ上で新たなモード選択を行う必要はない。これこそ、実戦に於いてもっともシンプルな操作性です。

Tri Loopは、本体に余計な操作系を無くすことにより、ペダルボードでの誤操作を防ぐことができます。
誤ってノブやスイッチを蹴飛ばしてしまったり、搬送中にモードが変わってしまうこともありません。


・各部の名称

1.フットスイッチR
2.インプット
3.DCジャック(センターマイナス DC9V)
4.BJF Buffer LED
5.SEND(Loop1)
6.RETURN(Loop1)
7.MODE LED
8.SEND(Loop2)
9.RETURN(Loop2)
10.OUTPUT
11.フットスイッチL
12.Loop2 LED
13.Loop1 LED


Dimensions:118(L)X64(W)X50(H) mm
Weight:250g
Power Supply:DC9V (Negative Center)
Current Drain:max. 100mA
Max. Input Vp-p:3V

※Tri Loopは様々な使い方に対応するため、仕様上ケーブルの接続方法によっても内部動作が変更されます。付属の説明書の表記にない接続を行った場合、想定通りの動作をするとは限りませんので、ご注意ください。
電池はお使いいただけません。

StrymonはDamage Control Engineering, LLCの登録商標です。
Bogner、Ecstasy、UberchallはBogner Amplificationの登録商標です。


バッファー、ABボックス、1LOOP、スプリッター、インプットセレクター!超小型なのに超多機能!
One Control Minimal Series BJF Buffer Split!


One Control Minimal Series BJF Buffer Splitは、小さな筐体ですが1台でたくさんの機能を持つ、とても便利なペダルです。
最近、使用方法についてのお問い合わせもいただきましたので、改めてご案内させていただきます。


One Control Minimal Series BJF Buffer Splitは、フレキシブルな使い方の出来る、小さく機能的なバッファー・スプリッターです。
One Controlの数々のスイッチャーに搭載されるBJF Buffer。多くの“バッファー”に抱かれるイメージを覆す、圧倒的にナチュラルなこのバッファーが、遂にMinimal Seriesで発売となります。

・ゲインを正確に1にすること。
・インプットインピーダンスでは、音を変えないようにすること。
・アウトプットは強くなりすぎないようにすること。
・ノイズは極限まで少なくすること。
・オーバーロードしたときに、音が悪くならないようにすること。

BJFのこだわるバッファーの条件を満たし完成したBJF Bufferは、世界中多くのプロフェッショナルの足元で、ギターシグナルの手助けをしています。
バッファーは、正確にはBuffer Amplificationと言います。アンプリフィケーションと言うからにはシグナルを増幅(アンプリファイ)しているのですが、ゲインが正確に1であるBJF Bufferは、聴覚上歪みや音量が変わりません。

BJF Bufferは何を増幅しているのでしょうか。

ギターシグナルの音量、歪み、ゲインを変えること無く、ギターシグナルの形を変えずにより遠くまで運ぶこと。すなわちギターシグナルに“強靭さ”を追加するのがバッファーの仕事です。

BJF Buffer Splitでは、シグナルを2つに分けて出力できます。2台のアンプから同時に音を出したり、ギターアンプとミキサーに音を出力するなど、スプリットアウト(パラレルアウト)の機能にはいろいろな使い方、可能性が隠されています。特に複数のアンプを同時に使うと、音に広がりが出来る上、アンプ1台では到底作ることのできなかった複雑で荘厳な響きを生み出せます。

しかし、シグナルを2つに分ける際、ただの“分岐”では意味がありません。シグナルには強靭さがあり、それが信号の分岐により弱まってしまうためです。音抜けが悪くなったり、音色の重要な色気が無くなってしまうことがあります。

そのため、シグナルの強靭さを増幅するバッファーとスプリットアウトをセットにすることは、重要な意味を持つのです。
One Control Minimal Seriesは、最小限のスペースで、必要な最低限の機能を持ったペダルを制作しています。

しかし、いくら小さなMinimal Seriesといえど、幾つも使うようになると場所を取ってしまいます。
そこで、BJF Buffer Splitでは、この小さな筐体を他の機能にも使えるように考えました。
そして、この小さな筐体にMinimal Series初のペダルであるABBOXと1LOOPBOXの機能を凝縮することに成功しました。

さらに、ただこれまでのペダルを抱き合わせただけでなく、他のアンプやエフェクターのリモートスイッチとして使う、ラッチスイッチの機能をもたせました。
気づけば、BJF Buffer Splitは圧倒的な機能を持つミニペダルとして、目の前に存在していました。

・高品質、ナチュラルサウンドのBJF Buffer(ON/OFF可能)

・出力を2系統に分けられるスプリットアウト

・1系統のエフェクトループをON/OFFできる1LOOP Box(トゥルーバイパス/バッファードバイパス切替可能)

・2系統の出力を切替えるAB Box

・入力する楽器を切替えるインプットセレクター

・様々な機器をリモートコントロールできるラッチタイプのフットスイッチ

これだけの機能を、最小サイズの筐体で実現しているのです。
LEDの点灯、およびBJF Bufferの駆動に電源が必要ですが、それ以外の機能はパッシブペダルとしてご使用いただくこともできます。
特に、シグナルは少し弱まるかもしれませんが、電源不要のパッシブのスプリットアウトボックスとしてはギタリストのみならず多くのプレイヤー、さらにはオーディオ機材としての使い方にも最適です。

・SPLIT/1LOOP / FS/AB BOXスイッチ:SPLIT/1LOOPポジションではスプリットボックスおよび1LOOPボックスとして、FS/AB BOXのポジションではABボックスおよびフットスイッチとしてご使用いただけます。単体のバッファーペダルとしてご使用の場合はどちらの位置でもかまいません。

・BJF BUFFERスイッチ:BJF BufferのON/OFFを切替えます。ON側にするとBJFバッファーがONになります。BJF Bufferはインプット直後に設置されているため、インプットセレクターとしてご使用の場合、Input側に接続した機材にのみバッファをかけることができます。

※SPLIT/1LOOP / FS/AB BOXスイッチ、およびBJF BUFFERスイッチは、ボードに設置した後に本体を踏んでしまってもモードが変わらないよう、本体側面に取り付けられています。また、ケーブルのプラグとの干渉を避けるため、スイッチは筐体から少し奥に設置しています。スイッチの切替にはボールペンのペン先や細いマイナスドライバーなどをご使用ください。

・フットスイッチ:AB BOX/FSモードではABボックスの出力切替え、およびリモートコントロールスイッチの操作に、SPLIT/1LOOPモードでは1LOOPボックスのエフェクトループのON/OFFに使用します。

・INPUT:楽器からのケーブルを接続します。

・OUTPUT A/N.C./SEND:ABボックスおよびスプリットボックスとしてご使用の際は1つ目のアウトプットに、リモートコントロールスイッチとしてご使用の際はノーマリークローズドスイッチに、LOOPボックスとしてご使用の際はエフェクトループのSEND端子となります。

・OUTPUT B/N.O.:ABボックスおよびスプリットボックスとしてご使用の際は2つ目のアウトプットに、リモートコントロールスイッチとしてご使用の際はノーマリーオープンドスイッチに、LOOPボックスとしてご使用の際はマスターアウトプット端子となります。

・RETURN:1LOOPボックスとしてご使用の際のRETURN端子となります。この時、OUTPUT A/N.C./SENDに何も接続しなければインプットセレクターとしてご使用いただけます。

サイズ:93D×39W×33H mm(突起含まず)
    101D×53W×49H mm(突起含む)
重量:150g
消費電流:3mA



最もスタンダードな使い方、ABボックスまたはスプリッターです。ABボックス時はフットスイッチを踏めば2つの出力が切り替わります。スプリッターモードでは、OUT Bからは常に音が出力され、さらにOUT Aからも音を出力できます。フットスイッチでOUT A側の出力を切替えられます。

バッファーを内蔵しているので、スプリットアウト時にも信号が弱くなってしまうことはありません。



もう1つのスタンダードな使い方、1ループボックスです。ヴィンテージペダル等、トゥルーバイパスではないエフェクトをトゥルーバイパス化したり(バッファOFF時)、複数のエフェクトをまとめて1フットスイッチで切替えたりすることができます。左の黒い線がSEND、赤い線がRETURNとなります。



1Loopの機能を応用すれば、インプとセレクターとしてもご使用いただけます。この時、バッファーをONにすればINPUTに接続した機材にはバッファーを掛け、RUTURN側の機材にはバッファーをスルーさせることもできます。例えばアクティブとパッシブの機材を切替える際などにも有効です。



さらに、アンプやエフェクターの機能を切替えるラッチタイプのリモートフットスイッチとしても使えます。OUT AとOUT Bそれぞれでスイッチの極性が反転していますので、LEDの点灯と機材の機能を合致させることができます。



また、単にバッファーとして使っても効果的です。スプリットモードにしておけば、誤ってフットスイッチを踏んでしまっても音が途切れたりミュートされたりすることもありません。



1つあれば様々なルーティングにご使用いただける便利なペダルです!



One Controlの定番2ループ、Black LoopとWhite LoopがMinimal Seriesになりました!

One Control Minimal Seriesは、ペダルの製造において一切の無駄をそぎ落とし、最小、極小サイズを実現し、シンプルながら洗練された機能性を集約し、完成しました。まさにMinimal=最小限と言うにふさわしいペダルです。

・「最小限」のために
One Controlは、高い生産性と堅牢さを同時に確保できる、画期的なPCB配列を考案、実現することで、それまで「手作業でやらざるを得なかった」組み込みを実現しました。余計な手間や無駄をそぎ落とし、必要な労力を最小限に抑えることで生産効率が向上。最小限のプライスを実現しました。

One Control Minimal Seriesは、筐体もペダルを使う上で最小限のサイズを実現。足下で余計なスペースを取ることがなく、同時に操作に気を遣う必要もない、スタンダードかつ最小限のスペースで使えるペダルです。

そして、One Control Minimal Seriesはエフェクターをボードに並べ、快適に使用するために必要な最小限の機能を有しています。
「あと1つ、この機能が欲しい」、そんな時、One Control Minimal Seriesの最小限の機能が大きな力となるでしょう。



Black Loopは、2つのDC Outを搭載した2Loopスイッチャーです。

Loop1、Loop2に接続したエフェクターに電源を供給しながら、トゥルーバイパスのループスイッチャーとして使用可能です。
Loopに複数のエフェクターを接続したり、古いエフェクターなどをご使用になるときにも効果を発揮します。

・片方のLOOPのSENDからチューナーに接続することで、ミュートスイッチ兼チューナーアウトとして使用可能です。
・片方のLOOPのSENDから別のアンプに接続することで、複数のアンプを切り替えるスイッチとしても使用可能です。

Loop1:右側のLOOPをONにします。
Loop2:左側のLOOPをONにします。

Black LoopはセンターマイナスのDC9Vアダプタ、または9V電池で動作します
アダプタにはOne Control EPA-2000を推奨します。
DC Outから供給される電流の容量はご使用のアダプターによって異なります。電池はご使用になれません。

サイズ:61D×111W×31H mm(突起含まず)
66D×121W×49H mm(突起含む)
重量:220g



White Loopは、Loopチャンネルを瞬時に切り替えことのできるFlash Loopを採用した2Loopスイッチャーです。
さらに、DC INPUTを使った場合は、二個のDC OUTに電源を供給することができます。
Loop Red、Loop Greenに接続したエフェクターに電源を供給しながら、トゥルーバイパスのフラッシュループスイッチャーとして使用可能です。
2つのループはLoop Red/Loop Greenスイッチで1発切替が可能です。

・片方のLOOPのSENDからチューナーに接続することで、ミュートスイッチ兼チューナーアウトとして使用可能です。
・アウトプットから1台めのアンプ、片方のループにエフェクト、片方のSendから2台めのアンプに接続すれば、Loop Off時は1台めのアンプに直結、ON時は ループの切替えにより、1台めのアンプ+エフェクトと2台めのアンプ直結を切替えることができます。

Loop/OFF:選択したLOOPとバイパスを切り替えます。
Loop Red/Loop Green:選択中のループを切り替えます。
Loop Redを選択時には左側のLEDが赤に、Loop Greenを選択時には緑に点灯します。

White LoopはセンターマイナスのDC9Vアダプタ、または9V電池で動作します。
アダプタにはOne Control EPA-2000を推奨します。
DC Outから供給される電流の容量はご使用のアダプターによって異なります。電池はご使用になれません。
サイズ:61D×111W×31H mm(突起含まず)
66D×121W×49H mm(突起含む)
重量:220g



ワンコントロールの原点、ブレンダーも見逃せないペダルです!



オリジナルケースなどの開発、コンポーネンツの選定、数ヶ月間に及ぶヒアリングテスト・・

それら全ての努力はこの小さな箱に可能性を詰め込むためものです。このエフェクターには全ての可能性が詰め込まれています。

どのようなエフェクターと合わせて使うか?
それは手に取ったあなたの自由です。 空間系エフェクターにかけることによって芯のある空間系トーンにしたり、 歪みを混ぜ合わせることにより自分自身のオリジナルなトーンを作り出したり・・・
無限に広がるアイディアの中からあなただけのサウンドを作り出してみて下さい。

センターマイナスの9Vアダプターで作動します。
One Control EPA-2000のご使用を推奨します。

●9VDC INPUT:
通常のエフェクターと同じくセンターマイナスの9Vアダプターで作動します。One Control EPA-2000のご使用を推奨します。

●BLEND KNOB(ブレンドノブ):
右に回すにつれ、エフェクター音(WET)がミックスされていきます。右に回しきると、通常の1LOOPスイッチャーとしても使えます。

●INPUT JACK:
インプットジャックになります。通常はギターなどからのケーブルをここにつないで下さい。

●OUTPUT JACK:
アウトプットジャックになります。通常はアンプ方向へ向かうケーブルをここにつないで下さい。

●OUT TO LOOP(SEND):
センドになります。通常はブレンドされる側のエフェクターインプットにつないで下さい。

●IN FROM LOOP(RETURN):
リターンになります。通常はブレンドされる側のエフェクターアウトプットにつないで下さい。

●POLARITY SWITCH:ブレンド時の位相を切り替えるスイッチです。サウンドが自然に聞こえる方に設定して下さい。

●BJF BUFFERSWITCH:
BJF BufferのON/OFFを切り替えます。
ON時にはバイパス時も含め常時BJF BufferがONとなり、OFF時にはバイパス時はトゥルーバイパスとなり、ON時にはスタンダードなバッファがかかります。(ボールペン等で切り替えてください。)

●FOOT SWITCH:
エフェクターON/OFFを選択します。


※Loop 内のエフェクターの過大なVolume 設定や、発振によっては信号が漏れる可能性もございます。ご注意下さい。



オリジナルケースなどの開発、コンポーネンツの選定、数ヶ月間に及ぶヒアリングテスト・・

それら全ての努力はこの小さな箱に可能性を詰め込むためものです。このエフェクターには全ての可能性が詰め込まれています。

どのようなエフェクターと合わせて使うか?
それは手に取ったあなたの自由です。 空間系エフェクターにかけることによって芯のある空間系トーンにしたり、 歪みを混ぜ合わせることにより自分自身のオリジナルなトーンを作り出したり・・・
無限に広がるアイディアの中からあなただけのサウンドを作り出してみて下さい。

センターマイナスの9Vアダプターで作動します。
One Control EPA-2000のご使用を推奨します。

●9VDC INPUT:
通常のエフェクターと同じくセンターマイナスの9Vアダプターで作動します。One Control EPA-2000のご使用を推奨します。

●BLEND KNOB(ブレンドノブ):
右に回すにつれ、エフェクター音(WET)がミックスされていきます。右に回しきると、通常の1LOOPスイッチャーとしても使えます。

●INPUT JACK:
インプットジャックになります。通常はギターなどからのケーブルをここにつないで下さい。

●OUTPUT JACK:
アウトプットジャックになります。通常はアンプ方向へ向かうケーブルをここにつないで下さい。

●OUT TO LOOP(SEND):
センドになります。通常はブレンドされる側のエフェクターインプットにつないで下さい。

●IN FROM LOOP(RETURN):
リターンになります。通常はブレンドされる側のエフェクターアウトプットにつないで下さい。

●POLARITY SWITCH:
ブレンド時の位相を切り替えるスイッチです。サウンドが自然に聞こえる方に設定して下さい。

●BJF BUFFERSWITCH:
BJF BufferのON/OFFを切り替えます。ON時にはバイパス時も含め常時BJF BufferがONとなり、OFF時にはバイパス時はトゥルーバイパスとなり、ON時にはスタンダードなバッファがかかります。

●EXPRESSION PEDAL INPUT:
BLEND KNOBをペダルで操作するためのエクスプレッションペダルを接続します。※ステレオケーブルをお使いください。

●FOOT SWITCH:
エフェクターON/OFFを選択します。


※Loop 内のエフェクターの過大なVolume設定や、発振によっては信号が漏れる可能性もございます。ご注意下さい。
※接続するエクスプレッションペダルにより、Blendの可変には違いがあります。