【ブログ】獰猛なベースサウンドを求めるなら、Tronographic Rusty Box!

ゴリゴリとエッジの効いた、クラシックかつ獰猛なベースサウンド。

大出力のソリッドステートアンプを思いっきり歪ませたようなベースサウンド。しっかりと音を前に出しつつ、おとなしかったりハイファイになりすぎない。強く暴れながらも濁らない。そんなベースサウンドです。

Tronographic Rusty Boxは、特にベースギターに最適化して制作された楽器用のプリアンプペダルです。ベースギター向けに制作していますが、レギュラーギターでもお使いいただけます。
1970年代の“ハイゲイン”なソリッドステートベースアンプのトーンを再現しながら、現代的な機能を持たせて再構築しました。
Input Gain、Bass/Middle/Treble EQ、Master VolumeコントロールやBoostフットスイッチを搭載。トゥルーバイパスで、DIとしても使用可能なバランスドアウトプットを有しています。

・エフェクターとして
Rusty Boxは、お使いのシステムの中に手軽に組み込むことができます。エフェクトチェインやエフェクトループ、ベースアンプ側のプリアンプ前後などに接続することができます。
楽器側のケーブルをInputに、アンプ側のケーブルをMainアウトプットに接続して使用します。

・DIボックスとして
Rusty BoxのMainアウトプットは600Ωのバランスドアウトプットとして使うことができます。エフェクターとして使用する際はここにスタンダードなモノラルフォンジャックを接続しますが、DIボックスとして使用する場合TRSケーブルを使用します。このケーブルはミキシングボード等のバランスドオーディオデバイスに接続します。また、同時にLineアウトプットをモニター用に使用することもできます。

・パワーアンプのためのプリアンプとして
Rusty BoxのLineアウトプットは、フルヴォリュームのアンバランスドオーディオシグナルを出力します。本体のVolumeノブを通さずにシグナルを出力するため、Input Volumeコントロールを使用してパワーアンプのドライブさせることができます。エフェクターとしてやDIボックスとしての使用法と組み合わせ、モニターアンプやラインアウトとベースアンプのインプットを組み合わせる等、様々な使い方が可能です。