【ブログ】音が漂う!? 幻想的なリバーブの決定版!Old Blood Noise Endeavors Dark Star Pad Reverb! まもなく!

幻想的なリバーブといえば、Shimmerやモジュレーションなど様々なトーンがあります。

残響が辺りに漂うように空間を満たす。そんな空間を演出するのが、Old Blood Noise Endeavors Dark Star Pad Reverb

リードトーンの下に横たわる幻想的なノイズ。まさに“雰囲気”を作るペダル、それがDark Starです。楽曲に新たなフィールを加えます。そう、それこそがDark Starなのです。

Dark Star Pad Reverbはリバーブペダルです。Pitch、Delay、Crushの3つのモードを備えています。

CTRL1とCTRL2は選択したモードにより、その役割が変わります。
Pitchモードでは、1オクターブ上と1オクターブ下のトーンを独立してコントロールできます。
Delayモードでは、ディレイタイムとディレイフィードバックをコントロールします。
Crushモードでは、CTRL1で上下のオクターブトーンを、CTRL2でビットクラッシュをコントロールします。

MixとReverbは、それぞれドライ/ウェットのミックスとリバーブのディケイタイムです。

Dark Star Pad Reverbには2つのフットスイッチがあります。BYPASSスイッチはスタンダードなトゥルーバイパスON/OFFスイッチです。HOLDスイッチはモメンタリースイッチで、踏んでいる間、その時のトーンを保持し、ホールドします。この時、スイッチを踏んでいる間、ずっとサステインは維持されます。Mixコントロールが100%以外に設定されていれば、このホールドしたリバーブシグナルの上にプレイを重ねることができます。

また、Dark Star Pad ReverbのExp端子にはエクスプレッションペダルを接続することが出来ます。この端子に接続されたエクスプレッションペダルを使用し、CTRL1、またはREVERBコントロールをリアルタイムに動かし、新たな音の可能性を見つけることが出来ます。
内部のスイッチで、この端子にどのコントロールを割り当てるかを設定出来ます。スイッチを右側のポジションにすればCTRL1、左側のポジションにすればREVERBとなります。

Dark Star Pad Reverbはスタンダードなセンターマイナス9VDCアダプターで動作します。消費電流は60mAです。電池はお使いになれません。