【ブログ】ディレイ+ディレイ+リバーブ!スタンダードな残響から幻想的アンビエントまで、Mooer Ocean Machine!

トラディショナルでクラシックな空間的広がりに加え、幻想的なモダンアンビエントトーンまでをまとめてカバーできるペダルはそう多くはありません。

中でも2つのディレイとリバーブを1台でまとめて使うことができるとなると、それはさらに限られてきます。

Mooer Ocean Machineは、デヴィン・タウンゼントと共に2年を越える開発期間をかけ、ついに完成した高品質なディレイ、リバーブ、ルーパーユニットです。
2つのディレイエフェクトとリバーブエフェクトをそれぞれ自由に組み合わせて使用することができます。それぞれのディレイとリバーブは個別、または同時に使うことができ、接続順も自在に変更することができます。

2つのディレイとリバーブエフェクトは、それぞれ9種類のアルゴリズムから選択してエフェクトを作ることができます。ディレイエフェクトは計15種類のアルゴリズムが収録されています。各エフェクトにはノブで設定できる主要なパラメータに加え、タップテンポによる設定や、より詳細なパラメータが用意されています。さらにフットスイッチを長押しすることで無限大にフィードバックを続けることもできます。

各パラメータやエフェクトブロックの接続順などは8バンク×3プリセットとして24種類まで保存し、即座に呼び出すことができます。

44秒までのルーパーを備えており、ルーパーにはハーフスピードやリバースを掛けることも可能。

●特徴
・2秒までのディレイタイムを設定でき、15種類のアルゴリズムを収録する独立した2つのディレイ
・ハイクオリティな9種類のリバーブ/シマーエフェクトアルゴリズム
・2つのディレイとリバーブを自由に接続可能
・ディレイとリバーブのフリーズエフェクト
・マスターと2つのディレイタイムを独立してタップテンポ設定可能
・44秒までのオーディオルーパー
・2つのオペレーションモード
・カラーLCDメニューによる詳細な設定
・外部リモートスイッチやエクスプレッションペダルを接続可能
・主要なパラメータは独立したノブでコントロール可能
・8バンク×3プリセット、トータル24種類のプリセットを保存可能
・MIDIプログラム
・フルステレオインプット/アウトプット
・グローバルEQセッティング、インプット/アウトプットレベルを簡単に設定可能

●エフェクトタイプ
Delay A:Digital、Analog、Tape、Echo、Liquid、Rainbow、Crystal、Low-Bit、Fuzzy
Delay B:Digital、Analog、Tape、Real、Dyna、Galaxy、Mod、Tri-Mod、Mod-Inv
Reverb:Room、Hall、Plate、Dist-Verb、FL-Verb、Filter、Reverse、Spring、Mod

●アナログライクな操作感
Ocean Machineの2つのディレイとリバーブの主要なパラメータは、それぞれ4つのノブで直接コントロールすることができます。メニュースクリーンからさらに細かな設定を行うパラメータにアクセスすることもできます。さらに、ペダル全体のウェット/ドライミックスをノブでコントロールすることもできます。

●パラメータノブ
Delay A
・D.Mix A:ディレイレベルを調整
・Tone A:ディレイトーンの調整
・Time A:ディレイタイムの調整
・Feedback A:リピート数の調整

Delay B
・D.Mix B:ディレイレベルを調整
・Tone B:ディレイトーンの調整
・Time B:ディレイタイムの調整
・Feedback B:リピート数の調整

Reverb
・R.Mix:リバーブのウェット/ドライミックス
・Tone:リバーブトーンの調整
・Decay:リバーブの長さを調整
・Shimmer:シマーエフェクトのミックス

●自在な接続
Ocean Machineの2つのディレイとリバーブは、自由に接続順を変更することができます。多彩なエフェクトタイプを自在に接続することで幅広く音を作ることができます。

●2つのオペレーションモード
Ocean Machineには、PlayモードとPatchモードという2つのオペレーションモードがあります。Playモードでは2つのディレイとリバーブをコンパクトエフェクターのように操作することができ、Patchモードではプリセットを呼び出して使用することができます。
PlayモードとPatchモードはボタン1つで切り替えることができます。

●フットスイッチ
Ocean Machineの3つのフットスイッチは、Playモード時にコンパクトエフェクターのように2つのディレイとリバーブを個別にON/OFF設定することができます。
各フットスイッチを長押しすると、フットスイッチを離すまで無限大にフィードバックを続けることができます。
Patchモードではフットスイッチを使ってプリセットを呼び出します。

●タップテンポ
ReverbとDelay Bフットスイッチを同時に押すことで、タップテンポ入力モードとなります。タップテンポ入力モードでは2つのディレイとマスターテンポをそれぞれ個別に入力することができます。タップテンポはメニューからサブディビジョン(倍率)の設定も可能です。

●プリセット
Ocean Machineには24種類のプリセットを保存することができます。プリセットには各エフェクトのタイプやパラメータ設定、エフェクトの接続順が保存されています。

●ルーパー
Ocean Machineには44秒までのレコーディングが行えるサンプリングルーパーを搭載しています。オーバーダビング、独立したレベルコントロール、ハーフスピード、リバース操作が行えます。

LEP INTLMooer, Multi effector