【ブログ】ハイワットサウンドをコンパクトに再現!Menaton Menawatt!

クラシックロックを代表するブリティッシュトーン。ハイワットサウンドを再現するペダルです!

Menatone MenaWattは、60年代から70年代にかけて制作された、“もう1つの”ブリティッシュアンプをベースとしたペダルです。

DR103~DR103Wへかけての最初期のモデルは、ピートやデヴィッドなど多くのアーティストが使用しました。Menawattがあれば“Meat”も“Pudding”もあなたのものです。
圧倒的なダイナミクス、ラウドであり、かつきらびやかなハイ、タイトでリッチなボトム、そして軋むようなミッドレンジ。ピッキングダイナミクスやギターのボリュームで即座にゲインをコントロールできます。

BrillとNormのゲインコントロールは、ヴィンテージ4インプットアンプのチャンネルジャンプのように使うことができます。それぞれのコントロールはパラレルで動作します。それぞれを個別に使用すればブリリアントチャンネル、ノーマルチャンネルのサウンドに、そして同時に使用すればチャンネルをリンクしたように使うことができます。ローエンドのタイトさも同時にコントロールできます。

Menawattはクリーン~ヴィンテージクランチのゲインレンジとなっていますが、さらに内部のPower Gainトリムポットにより、強力な歪みを作ることもできます。

●コントロール
Level:音量を調整します。
Gain:
・Brill:ブリリアントチャンネルを再現したゲインコントロールです。
・Norm:ノーマルチャンネルを再現したゲインコントロールです。
BrillとNormを組み合わせることでチャンネルリンクのトーンを再現できます。
Power Gainトリムポット:アンプのマスターボリュームのように動作し、パワーアンプの歪みを再現します。
Bass:低域の出方を調整します。
Mid:中域の出方を調整します。
Treb:高域の出方を調整します。

トリムポットと2つのゲインコントロールを使用することで、強いゲインを稼ぐことができます。高く設定しすぎると、発振する場合があります。

●電源
9Vバッテリー、またはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。アダプターは200mAを超えないタイプを推奨します。
 

LEP INTLMenatone, OverDrive