【ブログ】外部IR読み込み可能!ミニサイズかつ機能的なキャビネットシミュレーター!Mooer Radar!

発売前から話題!ミニペダルでありながらIRを読み込むことのできる多機能キャビネットシミュレーターです!

Mooer Radarは、ペダルボードの最終段に設置してご使用いただけるスピーカーシミュレーターです。
30種類のキャビネットモデルに加え、11種類のマイクロフォンや4種類のパワーアンプシミュレーションを設定することができます。細かく音色を設定できるEQも搭載します。レコーディングやヘッドフォンを接続しての練習など、ペダルボードだけでシステムを完結させることができます。
36種類のプリセットを保存し、好みのサウンドをいつでも呼び出し可能。アウトプットに加えヘッドフォンアウトも備えています。

●特徴
・30種類のキャビネットモデル
・11種類のマイクモデル
・4種類のパワーアンプモデル
・カスタム可能なEQステージ
・カスタムIRをロード可能 (Windowsのみ)
・36種類のユーザープリセットを保存可能
・USBからPCエディタに接続可能 (Windowsのみ)
・ヘッドフォンアウト、ラインアウトに対応

●多彩なサウンド
Mooer Radarには、プリセットごとにON/OFF可能なパワーアンプモデリングを収録しています。パワーアンプモデリングには4種類の真空管タイプを選択できます。
30種類のキャビネットモデリングと11種類のマイクモデリングを選択可能。マイキングの位置と距離の調整も可能です。
さらに、ギター用、ベース用、および4バンドパラメトリックイコライザーの3タイプのEQを搭載。多くのパラメータをコントロールし、必要な音色を作り上げることができます。

●接続例

●Mooer Studioエディタ
 

36のプリセットは本体のMENUノブからエディットすることもできますが、PCとUSBで接続することでMooer Studioエディタ(Windowsのみ)を使用することもできます。
このエディタを使えば、プリセットの各パラメータやパワーアンプ、EQ等のON/OFF、マスターボリュームなどを即座に編集できます。
さらに、サードパーティIRを読み込み、キャビネットシミュレーターとして使うこともできます。

●Mooer Studio Editorの使い方(Windowsのみ)
・ダウンロードしたファイルを解凍し、ソフトウェアをインストールします。
・Mooer RadarをUSBケーブルでPCと接続し、電源を入れます。
・インストールしたMooer Studioソフトウェアを起動し、Search Deviceをクリックします。
・ドロップダウンメニューからデバイスを選択します。
・Open Deviceをクリックすると、エディタが開きます。

●ファームウェアアップデート(Windowsのみ)
※ファームウェアアップデートにはMooer Studioソフトウェアが必要です。
・Mooer RadarをUSBケーブルでPCと接続します。
・MENUコントロールを押しながらアダプターを接続します。(アップデートモードとなります)
・Mooer Studioソフトウェアを起動し、Search Deviceをクリックします。
・ドロップダウンメニューからRADAR UPDATEを選択します。
・Updateをクリックすると、アップデートが開始されます。アップデート中は本体の操作、ケーブルの接続等を変更しないで下さい。

●収録モデル

※全てのプロダクトネームは各メーカーの呼称です。ここではシミュレーションの説明として記載しています。

●スペック
インプット:1/4インチモノラルオーディオジャック(インピーダンス:100kΩ)
アウトプット:1/4インチモノラルオーディオジャック(インピーダンス:470Ω)
サンプリングレート:44.1K
サンプリング精度:24bit
S/N:100dB
周波数レンジ:20Hz~20KHz
電源:付属のセンターマイナスDC12Vアダプター(電池駆動はできません)
消費電流:200mA
サイズ:93.5mm(D)×42mm(W)×52mm(H)
重量:150g

LEP INTL