【ブログ】これぞエボリューション! 歪みをクリーンに戻す!Mad Professor Evolution Orange Underdrive!

音を歪ませるオーバードライブ。
ならば、歪みをクリーンに戻すエフェクターはアンダードライブだ!

Mad Professor Evolution Orange Underdriveは、ギタートーンに新しいアプローチをもたらす、個性的なエフェクターです。

歪みをクリーンに戻すといえば、ギターのVolumeコントロールを思い浮かべるかも知れません。
ならばEOUはボリュームペダルのように音量を下げるエフェクトなのでしょうか?

もちろん、違います。ボリュームペダルではなく、アンダードライブなのです。構造としては、ギタートーンの中で歪み成分となる部分を絶妙に削り取り、ギターサウンドの存在感を失うこと無く歪みだけをカットするような作りです。

逆にブーストすることも出来るので、アンダードライブですがゲインブースターのように使うことも可能!

例えば、ヴィンテージチューブアンプで歪みを作り、ギターのヴォリュームを下げてクリーンに戻すと、そのクリーントーンはどうしても暗くなってしまいます。それを対策しようとスムーステーパーにすると、今度は音が変わってしまうこともあります。
歪みは最高なのに、クリーンが少し物足りない。EOUなら、そんな悩みを抱える必要はありません。

Midrange:±15dB at 400Hz
Treble:±15dB at 7kHz
Bass:±15dB at 100Hz
Volume:全体の音量を調整します。基本的に最大でユニティゲインとなります。

これがBJF流、歪みをクリーンに戻すEQ。このギターの歪み、それもヴィンテージアンプの歪みに合わせて作られた独特のイコライジング構成が、ギタートーンに新たな輝きをもたらすのです。