【ブログ】謎多きペダル。1台でノイズやローファイのアンサンブルが出来上がる驚異のエフェクト、ezhi&aka Fernweh。徹底解剖!



新たに取扱の始まる超絶ブランド、ezhi&aka、最大の謎。ディレイ発展系独創サウンドの究極系ともいえるエフェクト、Fernweh。今、その全てをご覧に入れます。


Fernwehは、4つのローファイディレイとローファイルーパーを含む、多彩なモジュラーローファイシステムです。最もローファイなマルチエフェクターと言えるでしょう。 Fernwehに内蔵されるモジュールは、本体に搭載されたパッチベイにより様々な接続順でアクセスすることができます。



●パッチベイ



本体右上のパッチベイの構造は上図のとおりです。右端のDry Out端子はInputからパラレルで分岐して接続され、Mixer Inへの入力は全てOutputに統合されます。それぞれのFx in、Fx outは各エフェクトの入出力となります。付属のバナナプラグケーブルを各端子に接続することで、シリアルやパラレルなど様々なルーティングを作成できます。

●コントロール
・ Mr. Nice/Mr. Wobble:ディープなローファイディレイです。2つのサウンドをブレンドし、軽いモジュレーションからテープを噛み砕くようなサウンドまで設定できます。
Vol:エフェクトの音量を調整します。
FB:ディレイのフィードバックを調整します。
Time:ディレイタイムを調整します。
Speed:モジュレーションスピードを調整します。
Wave:モジュレーションの波形を調整します。
Depth:モジュレーションの深さを調整します。
Tap:モジュレーションスピードをタップテンポで設定します。
Range:モジュレーションレンジを調整します。
Fuzz:アウトプットにファズをかけ、強い歪みと音量を出力します。 ・ Mr. Glitchy:最もローファイなトーンを作るディレイです。モメンタリースイッチによりグリッチ、スキップ、メスファンクションを有効にでき、ラジオノイズや燃え上がるテープのサウンドなどを作ります。


Vol:エフェクトの音量を調整します。
Time:ディレイタイムを調整します。
FB:フィードバックを調整します。
Glitch:グリッチスイッチが押されている時の動作を調整します。
Glitchスイッチ:押している間、音にノイズが混ざり、カオスな音色へと変化します。 ・ Mr. Clap:クラッピング、リズミックディレイです。シグナルをクラッシュし、パーカッシブなゲートクラップへと変えます。シンプルなドラムマシンのように使うこともできます。



Vol:エフェクトの音量を調整します。
Time:ディレイタイムを調整します。 ・ Mr. Arcade:Timeコントロールの無いローファイディレイです。ダーティなオクターブとハーモニーを作り、ハイからローへ、ディレイタイムを可変できます。ギター上のコントロールでもサウンドが変わります。



Vol:エフェクトの音量を調整します。
FB:フィードバックを調整します。



外部コントロールユニット
Mr. Arcadeは、付属のコントロールユニットを使用してエフェクトのリモートコントロールが可能です。本体トップにある端子と、コントロールユニットの同色の端子を付属のバナナプラグケーブルで接続して使用します。
コントロールユニット上のノブ設定により、ユニット上のスイッチを押したときの動作が変わります。

・Looper



Loop Speed:ループの再生速度を可変します。
Loop Mix:ループサウンドのレベルを調整します。
Dry Mix:ルーパーのFX Inから入力されたドライシグナルのバランスを調整します。

Write:踏んでいる間のプレイをレコーディングします。
Play:レコーディングしたプレイを繰り返し再生します。



これだけの機能を1つにまとめると、内部はまさにスパゲッティ。ユニバーサルボードで、全て手作業で作られているのが分かります。



付属のケーブルの端子は、バナナプラグという形状の端子を使用して作られています。
この端子は、ネジ1本でケーブルと端子を接続しています。
ネジが緩むとケーブルが外れますが、すぐに取り付けることも出来ます。
ご使用の前にはネジの緩みがないかご確認いただき、もし外れてしまった時はケーブルを端子に挿し込み、ネジで固定して下さい。

ezhi&aka FernwehはセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。電池はお使いになれません。

LEP INTLezhi&aka, Fernweh, Delay, Echo