【ブログ】伝説の国産オクターブファズ!あのACE TONE FM-2を再現するWren and Cuff Creations Ace Octave Fuzz!

ACE TONEというメーカー、ご存知でしょうか。

今や世界の音響メーカー、Roland。その前身にあたるのがACE TONEです。正確にはエース電子工業が展開していたブランドで、後にローランドの創始者となる梯郁太郎氏が設立したメーカーです。

ACE TONEには名機と呼ばれるペダルがいくつもありますが、中でも有名なのがFM-2 Fuzz Masterです。

数々のヴィンテージトーンをハイクオリティに再現するWren and Cuffが、このFM-2に挑みました。

そして感性したのがこのAce Octave Fuzzなのです!

オリジナルFM-2は1968年頃から1971年頃にかけて製造されており、有名なShin-Ei Superfuzzのヴァリアントの1つです。

Ace Octave Fuzzは特にトーンを絞って12F以上の位置を弾くことで、豊かで大胆かつ明瞭なオクターブアップサウンドが得られます。

世界的に定番のヴィンテージオクターブアップファズ、例えばTycobrahe OctaviaやUnivox SuperfuzzとAce Octave Fuzzの最大の違いは、その音色です。

Ace Octave Fuzzにはオリジナルモデル同様、Toneトグルスイッチがあり、このスイッチによってミッドレンジを押し出すサウンドや、ファットで分厚い強烈なローの音色が得られます。

Wren and Cuffの他の“リクリエイション”同様、ただ単に回路図だけを用いてヴィンテージペダルを制作するのではなく、本物のヴィンテージユニットを分解、分析した上で、長年に渡り使用された“現在のヴィンテージペダルの姿”をそのまま再現しました。

国産ヴィンテージファズ特有のサウンド。それが強烈に発揮されます。

しかもコンパクト筐体で、オリジナルヴィンテージモデルよりもローノイズ化されているのです!

もちろん細部の作り込みにも手は抜きません。

LEP INTLWren and Cuff, fuzz