【ブログ】クラシカルなヴィブラートサウンド。こだわるならAmptweaker SwirlPool!強烈に音良いです!

ヴィブラート。ヴィンテージツイードアンプに搭載されたその揺れは、ヴィンテージなトーンを作る上では欠かせません。また、今の時代だからこそあえて歌モノのバックに入れることでノスタルジックな風合いを出したり、また新しい効果を作ったりすることができるでしょう。

本物のツイードアンプを使うのは大変です。エフェクターで出来る限り極上のクラシカルなヴィブラートを作りたい。それなら、Amptweaker SwirlPoolです。

SwirlPoolは60年代のアンプに搭載されていた、トレモロとビブラートが混ざったような独特のモジュレーションを想起させます。
SwirlPoolはそのトーンをベースに無数のモジュレーションを生み出します。
SwirPoolを触っていると、全く新しいモジュレーションペダルの開発をしているような気分になるかもしれません。

2つのフットスイッチは、それぞれエフェクトのON/OFFとモード切替を行います。
2つのモードはLevel、Tremoloコントロールは共通ですが、Speed、Vibeコントロールをそれぞれ設定し、フットスイッチで瞬時に切り替える事が可能です。これにより、それぞれエフェクトの設定が可能になり、モード1をトレモロとして、モード2をビブラートとして使うことも可能です。
Vibeコントロールを最小にすればトレモロになります。
トレモロコントロールでは穏やかな揺れや、TremoloスイッチをONにすることで激しく痙攣するようなトレモロを作り出します。
これにVibeコントロールを組み合わせれば、歌うような気持ちの良いビブラートから激しくピッチシフトを繰り返す過激なトーンを作り出すことが出来ます。

各ノブの下にあるスイッチを使うことで、より綿密な音作りが可能です。
ToneスイッチをONにするとより激しくうねるようなビブラートになります。2つのSyncスイッチではトレモロとビブラートの位相をずらすことでロータリースピーカーのような効果を作り出します。
これらを組み合わせることで、文字通り無数のトレモロやビブラート、そしてフェイザーのような効果など、60、70年代から今に至るまで親しまれているモジュレーションを作り出すことができます。
Volumeコントロールがあることで、バイパス時とエフェクトON時の音量のバランスを簡単に調整することができます。

また、RampスイッチをONにすることでモード1とモード2の切り替わりがよりスムーズで面白いものになります。
例えばモード1のVibeコントロールを最大に、モード2のVibeを最小に設定した状態でモード1からモード2にすると、徐々にビブラートが消えながら揺れのスピードもモード2で設定している速さに変化していきます!
 

超強力な機能を備え、クラシックヴィブラートからロータリースピーカーまでのトーンを網羅。

しかも全てが極上サウンド。アダプターも付属しています。

今なら即納可能!この音、是非体感してみてください!

LEP INTL