【ブログ】アンプトゥイーカー新作コンプ!このペダルすごいです。Amptweaker PressuRizer

小さな中に多機能とアイディアを詰め込んだコンプレッサー。

アタックの音を犠牲にしない。それによりオリジナルサウンドの雰囲気をそのまま伝えることのできるコンプレッサーです。

Amptweaker PressuRizerは、独自の方法で、ギターやベースのアタックを犠牲にせず、サステイン伸ばすことができます。さらにFETを用いたブースター/リミッターも内蔵し、ブーストペダルとして使うことも可能としました。つまり、PressuRizerを使うとパワフルなクリーントーンが手に入ります。

ドライ/ウェットブレンドコントロールを搭載したスタジオグレードコンプレッサーと、PressuRizerならではのサイドチェイン機構を搭載。アタックから音色全体にコンプレッションをかけるスムースなコンプレッサーだけでなく、コンプレッションのかかりを遅らせてアタックをそのまま残すナチュラルなコンプレッサーとして使うことができます。また、ギター、ベース共に最良のコンプレッションが得られるよう設計されています。

Bloomスイッチ(Fast/Off/Slow)により、サイドチェインの音色検出機構を設定し、コンプレッションのかかりはじめを切り替えることができます。ドライブレンドを組み合わせることで、音のアタックを変えること無く、伸びやかなサステインを得ることができます。
Toneコントロールはコンプレッションのかかった音にだけ作用し、トップエンドを強調したり、ミッドレンジを抑えてドライブレンドのバランスを取ることができます。
Limitスイッチは、ドライブレンドの後にFETブースター/リミッターを追加します。Softモードでは軽いリミッターをかけることができ、Hardモードでは音色に飽和感が加わります。Offにすればリミッターを解除することができます。このFETリミッターは真空管ライクな特性を持っており、アウトプットを作ります。ブースター/リミッターのゲインレベルは、内部にあるOUTPUT LEVELトリムポットで調整することができます。

また、PressuRizerのフットスイッチには2つの機能があります。通常はトゥルーバイパススイッチとして動作しますが、長押しすることでコンプレッサーが常時ONとなり、ブースターのON/OFFスイッチとして使うことができます。この時、側面のBoostノブでブーストレベルを調整できます。1台のコンパクトペダルで、より幅広い操作性を実現しています。フットスイッチのモードは電源を切っても保存されます。
 

素晴らしくナチュラルなトーンから、がっつりブーストのかかったコンプまで。
まさに多機能、多彩なコンプレッサーです。

ただいま即納可能!