【ブログ】そのサウンドは、全てのリバーブを超越する!? リバーブエフェクトのその先へ。Eventide Space!

リバーブエフェクトは、今、次元を越えようとしています。

リバーブといえば、スプリングリバーブやホールリバーブなど、空間的な響きを加えるエフェクトです。ルーム、ホール、チャーチなどに加え、ダイナミクスでリバーブのかかりを変えたり、様々な手法でより空間的な広がりを作ろうとしてきました。

そして今、リバーブは宇宙(Space)へと旅立ちます。

次元を越えるような圧倒的なサウンドを。Eventide Spaceには12のリバーブアルゴリズムが収録されています。

その中からいくつかのサウンドを少しご紹介させていただきます。

Roomアルゴリズムはスタジオルームなど現実に存在する部屋の残響をシミュレートします。ボーカルブースから小さなホールクラスの空間までを再現します。多彩なパラメータにより、リバーブのアーリーリフレクション(初期の反響)やレイトリバーブ(後期の反響)、EQなどを詳細に設定できます。Roomは現実世界の残響をシミュレートするような使い方だけでなく、ほとんど気づかれないレベルで音を少し太くすることで音を前に出すような効果を作ることもできます。

ディレイとフィードバックで作る、真のリバースリバーブです。SIZEとFEEDBACKパラメータを最小に設定するとテンポに直接同期できるリバースリバーブエフェクトとなります。SIZEパラメータでもう1つのリバーブを設定することができ、FEEDBACKを高く設定すると異世界のような幻想的な音を作ることができます。INFとFREEZEはSIZEとノブに設定できます。ここで設定できるのは前段にあたるリバースリバーブのみです。

本物の天国を見たことはありませんが、このエフェクトならギターサウンドから天使の声を聴くことが出来るかもしれません。A-PCHとB-PCHを1200cに、DELAYを最小に、他は最大に設定してみてください。天にも昇る心地とはこのことではないでしょうか。

PTCH-DCYパラメータのPITCH FREEZEオプションはピッチシフトをロックします。同パラメータのPITCH+VERB FRZオプションでは全てをフリーズさせます。

HallやRoomより大きく、BlackHoleアルゴリズムはEventide H8000のCathedralタイプのリバーブエフェクトです。宇宙から異世界辺りで聞くことの出来る音をイメージしています。Spaceに収録されたBlackHoleアルゴリズムは2つのディケイモード(FowardとInverse)を搭載しています。さらにフィードバックはリバーブのサイズを“巨大”から”無限”へとコントロールすることができます。SIZEとGRAVITYパラメータだけでもエピックなサウンドですが、PDLYとFEEDBACKを組み合わせればアルゴリズムが次のレベルへ到達します。INFとFREEZEはFEEDBACKに設定できます。

リバーブの次元を超えて。全てのリバーブを超えて。Eventide Spaceのサウンドは、新たな世界への旅立ちを応援します!

ただいま即納可能!

LEP INTLEventide, Reverb