【ブログ】お手頃自作ケーブルキット、JOYO CM-15 作り方のコツ!

お手軽に自由な長さのケーブルを制作できる、JOYO CM-15

ケーブルをうまく作るためのコツをご紹介させていただきます!
ケーブルを好きな長さに切るところからスタートです。

ケーブルを切ったら、付属のプラグをはめ込みます。ここでケーブルを奥まで挿し込みます。

ケーブルをプラグに挿し込む際、力を入れすぎると皮膜だけが動いてしまうことがあります。
それを避けるため、ケーブル両端のプラグを同時に挿し込み、交互に力を加えていくことでケーブル制作の失敗が少なくなります。

ケーブルを折り、プラグのキャップをかぶせます。このようにケーブルを強く曲げる方が作りやすくなります。

ネジ穴を合わせ、付属のドライバーでネジを締めます。

ケーブルを作成する際、配置する場所、端子の位置により、L字型やクランク型など、自由にプラグの角度を変えることもできます。プラグの角度も考えながら制作いただければ、より美しいボードを組むことができるようになります。

JOYO CM-15 Solder-free Cable Kitは、簡単に自由な長さのケーブルを制作することの出来るキットです。制作に必要な全ての工具が付属しており、初めてのケーブル制作でも安心して取り掛かることができます。

無酸素銅(OFC)を芯線に採用し、シグナルロスの少ないローキャパシタンスシールドケーブルと6.35mmの銅製コネクタープラグ、そしてコンパクトで配置しやすく、抜き差しもやりやすい形状のメタル製キャップにより、場所を取らず、扱いやすいパッチケーブルを自由に制作できます。

CM-15 Solder-free Cable Kitは、3mのケーブルとプラグを10個組み合わせたセットです。
合計3mまでのケーブルを使用した好きな長さのケーブルを5本まで作ることができます。

LEP INTLJOYO, Cable