【ブログ】これほど渋いベースファズはなかなかありません!Amptweaker Bass BluesFuzz JR!

ありそうで意外となかったスタイル!

ベースファズはゴリゴリに歪んだり、音の個性を重視するものが多いです。そのため、クラシックなベースチューブアンプが軽く飽和したようなサウンドは、エフェクターではなかなか見つけることができませんでした。そう、今までは。

Amptweaker Bass BluesFuzz JRは、2014年に49台のみ制作された“BluesFuzz Limited”のトーンを元に、当時は存在しなかったベース用ファズとして作り上げた、ローゲインのファズペダルです。

多くの古いファズ回路では、オーバードライブやワウペダルのようなローアウトプットインピーダンスペダル、またはアクティブピックアップ等では最良のパフォーマンスを発揮できず、ノイズやフィードバックが出てしまうことがありますが、Bass BluesFuzz JRはゲインステージで一般的なギターのインピーダンスをシミュレートすることにより、現代的な多くのエフェクター同様、どのような接続順でもファズのパフォーマンスを発揮できます。この“ギタースタイル”のインピーダンスとしたことで、多くのペダルの前段に設置しても問題なく使うことができます。ローインピーダンスのアクティブピックアップでも気にすることはありません。

ロー~ミディアムゲインのオーバードライブと同等の歪み。ファズペダルとしては相当なローゲインです。しかし、オーバードライブとは違ったファズならではの濁りがあり、同時に音の像をくっきりと捉えられる解像度を両立。プレイを余さず出力しつつ、ファズならではの味わいも逃しません。
オートバイアスコントロールを内蔵し、常にクリーンでナチュラルなトーンを実現。ローゲインピックアップに最適なブーストスイッチ、ローエンドの出方を切り替えるTightスイッチ、さらにミッドレンジをコントロールできるMidノブを用い、音色を細かく丁寧に作ることができます。
ベース用として、新たにクリーンシグナルをブレンドするDry Lowノブも追加しました。ゲインを上げても音の芯を失わないトーンを作ることができます。


9Vだけでなく18Vでの駆動にも対応。さらにオープンかつヘッドルームの高いサウンドを作ることもできます。

LEP INTLAmptweaker, bass, Fuzz