【ブログ】ドワーフクラフト新作!スーパーファズ系Necromancer、そして強烈フィルターHapiness!


独自の個性、独特の外観、高い機能性を全て備えるDwarfcraftのペダルに、新たなファズとフィルターが入荷します!


Dwarfcraft Devices Necromancerは、ヴィンテージスーパーファズ回路を基本に、圧倒的に幅広いセッティングに対応したファズペダルです。 Silver Rose V2のスーパーファズ回路をベースに制作され、まずはそこにEQを加えました。Midトグルをダウンポジションに設定し、Midノブを下げれば強烈にミッドレンジがえぐられたトーンを作ることもできます。

Necromancerは、いわゆるオールドスクールファズとして位置づけられますが、ヴィンテージモデルよりもゲインをアップし、圧倒的なコントロールノブによりかつてのファズペダルとは比べ物にならないほどのサウンドを作ることができます。 基本的にギター用としてデザインされていますが、ベースで使用しても効果的です。エレキベースにとって必要な帯域は全て確保しています。


●コントロール
Volume:全体の音量を調整します。他のノブの設定に合わせて調整を行ってください。
Bias:ファズそのものの歪み方や音量などを可変します。
Gain:歪みの強さを調整します。
Treble:高域を調整します。
Mids:中域を調整します。
Bass:低域を調整します。
Midsスイッチ:ミッドレンジを強調したサウンドと、ミッドレンジを削りとったサウンドを切替えます。
EQ:イコライザセクションの有効/無効を切替えます。


※EQやBias、Gainなどの設定により、音量も大きく変わります。
駆動にはスタンダードなDC9Vアダプターを使用します。電池はご使用になれません。

Dwarfcraft Devices Happinessは、個性的な動作や様々な機器との連携も可能なマルチモードフィルターペダルです。
ローパス、バンドパス、ハイパスフィルターを操作します。シンセサイザーのようなサウンドに新たな世界を切り拓きます。 フィルターは内部LFO、または外部CVで動作させることが出来、“Scramble”機能でサンプル/ホールドのようなサウンドも実現します。

Happinessのフィルターカットオフ周波数とLFOスピードはトップマウントのエクスプレッションジャックから接続し、操作することが出来ます。また、側面にはCVのインプット/アウトプットを備えています。 Happinessは9Vの電源を内部で±12Vに昇圧し、ユーロラックモジュラーシンセシステムとも簡単に接続できるように設計されています。出来る限り場所を取らずに多彩な機能を搭載するため、厚みのある筐体を使用しています。

Happinessはベースギターはもちろん、ギター、ドラムマシン、シンセ、エレクトリックマンドリンなど様々な楽器でご使用いただけます。

●コントロール
Freq:フィルターのカットオフを設定します。
REZ:フィルターのレゾナンスを設定します。
Depth:フィルターのかかりの深さを調整します。
Master:全体の音量を調整します。
Rate:LFOのスピードを調整します。
Sahpe:LFOの波形を設定します。
Speed:SCRAMBLEモードがONの時、フィルターの動きが変化する周期のスピードを設定します。
SCRAMBLE:上のポジションでONになります。
STATE:フィルターのタイプを設定します。上から順にハイパス、バンドパス、ローパスとなります。




●ジャック
IN:楽器側のケーブルを接続します。
OUT:アンプなど出力先のケーブルを接続します。
FILTER XP:Freqコントロールを操作するエクスプレッションペダルを接続します。
LFO XP:Rateコントロールを操作するエクスプレッションペダルを接続します。
FILTER CV IN:Freqコントロールを操作するCVシグナルを入力します。
SCRAMBLE CV IN:Speedコントロールを操作するCVシグナルを入力します。
LFO OUT:LFOをCVシグナルで出力します。

※Freq、REZノブの設定などにより、フィルターを発振させることもできます。
駆動にはスタンダードなDC9Vアダプターを使用します。電池はご使用になれません。