【ブログ】オシレータを足でコントロール!フットテルミンペダル、Electro-Faustus EF102 Photo Thermin V.2 、コンパクトになりました!

ペダルボードに置いて、足元でコントロールできるテルミンペダル。コンパクトになって扱いやすくなりました。内部のオシレータを手前に設置されたセンサーでコントロール。パフォーマンスにも最適なペダルです。

ここが光学センサーです。明るさに応じて音程が変わるので、ここに足を近づけたり遠ざけたりすれば音程をコントロール可能。もちろん手を近づけても、他のものをつかっても音程を変えることができます。

シンプルなオシレータが作る音色は往年のアナログシンセ的サウンド。ギターからフットスイッチ一発でテルミンに移行できるので、楽曲の中に使うこともできます。

EF102 Photo Thermin V.2は、コンパクトで現代的な形状の中に、テルミンのもつ魔法のようなトーンを詰め込みました。
本体に設置された光学センサーで、テルミンのピッチ(音程)を可変することができます。
ディレイやリバーブをかければ、まさに地上ではあり得ないようなサウンドを作り出すことも可能です。

EF102の光学センサーは非常に高い感度のものを採用しています。
センサーにあたる光量によって音程が変わりますので、音程を固定したまま音を出力させるには、初めは少し練習が必要かもしれません。
しかし、この高い感度によって、本体を左右に動かしたり、振ったりすることで音程を上下させたりヴィブラートをかけたような効果を作り出すことができます。

電源はDC9Vセンターマイナスアダプターで動作します。電池はお使いになれません。

LEP INTLElectro-Faustus, noise