【ブログ】チェイスブリス、そしてエンプレスにも使える、MIDI変換ボックス!Chase Bliss Audio MIDI Box!

コンパクトサイズながら驚異的な機能を搭載するChase Bliss Audioのペダル。MIDIコントロールにより100種類を超える膨大なプリセットを保存したり、CCから各ノブをコントロールできます。

しかし、Chase Blissは5PINではなくTRS端子でMIDI信号を受信します。そのため一般的なMIDIコントローラーを直接接続することができませんでした。

それを解消するのが、このMIDI Boxです。

Chase Bliss Audio Midiboxは、標準的な5PIN MIDI端子のシグナルをChase Bliss Audio、またはEmpress Effectsのペダルを操作するための端子に変換するためのボックスです。

1つのMIDIシグナルで4台までのChase Bliss/Empressペダルを操作することができます。

●使い方
・MIDI IN
MIDIコントローラー等のMIDIシグナルを送信するデバイスからのケーブルを接続します。

・9V DC
スタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターを接続します。消費電流は10mA程度です。

・MIDI THRU
MIDI INからのシグナルをそのまま出力します。

・A~D
各端子に1台ずつ、Chase Bliss AudioまたはEmpress Effectsのペダルを接続し、MIDIシグナルを送信できます。Chase Bliss Audioのペダルにはステレオケーブルを、Empress Effectsのペダルにはモノラルケーブルを接続します。
また、事前に内部ジャンパで各端子にどちらのペダルを接続するかを設定しておきます。

・内部ジャンパ
本体内部のA~D端子の横に、CBA/EMPを切り替えるジャンパがあります。それぞれの端子にどちらのペダルを接続するかを設定します。
Chase Bliss Audioのペダルを接続する場合はCBAに、Empress Effectsのペダルを接続する場合はEMP側に設定します。

LEP INTLChase Bliss Audio