【ブログ】小さなワウのパイオニア。足を載せるだけでONになり、クラシックワウサウンドのPlutoneium Chi-Wah-Wah!

小さなワウ。今では大手メーカーからも発売され、一般的なスタイルの1つとなっていますが、その先駆者として名を馳せ、今でも人気のペダル、それがPlutoneium Chi-Wah-Wahです。

独特のスタイルです。多くのワウペダルが、いわゆる”オルガン型”のフットペダル(つま先側を動かす)なのに対し、こちらはいわゆる吊り下げ型に近いスタイル。これで演奏自体は一般的なワウと同じように行えます。

このスタイルとしたことで、本体のトップにコントロールノブを配置可能に。3つのコントロールでワウサウンドを調整できます。

エフェクターボードの中で非常に場所を取る上に重たい「ワウペダル」。

しかし、このエフェクトの効果は絶大で、特に感情表現を重視するギタリストにとっては無くてはならないペダルといえるでしょう。

果たして、ワウペダルが場所を取るのはしかたない・・・のでしょうか?

ワウペダルの持ち運びが大変なのはどうにもならないのでしょうか?

Plutoneium Chi-Wah-Wahは、そんなギタリストの悩みを解決する独創的なワウペダルです。横幅約7.2cm、奥行き約13.3cm、高さは約5.9cmという驚異的なサイズは、定番コンパクトエフェクターと同等で、重量も625gと軽量に作られます。

筐体には1.5mm厚のロールドスティールを用い、強力な耐久性と剛性を実現。この剛性は、安定した操作感にもつながります。

近年増えつつあるミニサイズワウペダルの元祖であり、世界に衝撃を与えたワウペダルです。

単にワウペダルの形をそのまま縮小するのではなく、ペダル部の動作を一般的なワウペダルと逆転させることにより、本体のサイズが小さくても大型のワウペダルと同等の操作感を実現しています。

オプティカルワウオペレーションにより、ペダル操作時のガリやノイズを心配する必要もなく、ペダルを踏めば自動的にエフェクトがONになる、ストレスフリー設計です。

もちろんサウンドにもこだわり、LEVEL、CONTOUR、GAINの3つのノブを使って様々なワウサウンドを作り出します。

内部回路はクラシックワウをベースとしたPlutoneiumオリジナルのフルアナログ回路で、インダクタベースのレゾナントワウです。インダクタもヴィンテージ手巻きインダクタを元にしたPlutoneiumオリジナル設計です。さらに各部のコンポーネンツにはミリタリースペックを採用しています。

クラシカルでスムーズなヴィンテージワウサウンドを、コンパクトなボディと画期的なシステムで再現し、さらにモダンでアグレッシブなワウサウンドも、ノブの設定で簡単に作ることができます。また、高品質バッファーを内蔵しており、ノイズレスかつクリアなバイパスサウンドも大きな特徴です。

Chi-Wah-Wahは独自のコンパクト設計のため、駆動にはセンターマイナスDC9Vアダプターが必要です。本体にはワウエフェクトのON/OFFを示すLEDインジケータに加え、電源が正常であることを示すインジケータも組み込まれているため、ステージ上でも即座に電源のチェックが可能です。

LEP INTLplutoneium, wah