【ブログ】エフェクターにさらなる可能性を!トレイル搭載ブレンダー!One Control Minimal Series Mosquito Blender Trail with BJF Buffer

エフェクトにクリーントーンをブレンド!ただそれだけで新しい世界が開けます。あのモスキートブレンダーがパワーアップ!

新しい音を作るためには、様々な方法があります。クリーンブレンドはその中でも効果的なアイディアです。
エフェクトをかけた音とクリーンシグナルをブレンドすれば、くっきりとして芯の通った歪みを作ったり、ピッチシフターがハーモナイザーとなったり、コンプレッサーに新たな味わいを求めることができます。
One Control Minimal Series Mosquito Blender Trail with BJF Bufferは、ギターやベースの音作りを新たなステージへと引き上げるためのペダルです。

DRY、WETを個別にコントロールしてミックスすることができ、細かな音色の調整を実現。それぞれのノブは最大設定でユニティゲインとなるため、接続するペダルによってはシグナルブーストのように使うこともできます。
そして、TRAILスイッチをonにすれば、ディレイやリバーブ等の残響を残したままエフェクトをバイパスしたり、発振したエフェクトのサウンドを出したままプレイを続けることができます。

PHASEスイッチでシグナルの位相を反転することにより、極性が反転するタイプのエフェクトとのミックスの際も音をフェイズアウトさせることなく自然にミックスできます。また、あえてフェイズアウトさせて独創的な音を狙うこともできます。
 

ペダル側面にはBJF Bufferスイッチを備え、インプット部にBJF Bufferをかけることができます。

●BJF Buffer
多くの“バッファー”に抱かれるイメージを覆す、圧倒的にナチュラルなBJF Buffer。
・ゲインを正確に1にすること。
・インプットインピーダンスでは、音を変えないようにすること。
・アウトプットは強くなりすぎないようにすること。
・ノイズは極限まで少なくすること。
・オーバーロードしたときに、音が悪くならないようにすること。
BJFのこだわるバッファーの条件を満たし完成したBJF Bufferは、世界中多くのプロフェッショナルの足元で、ギターシグナルの手助けをしています。

ブレンダー回路は、シグナルを2つに分けてエフェクトループとアウトプットに出力します。そのため、ブレンダー回路部にもバッファーが搭載されており、BJF BufferをOFFに設定しても回路内のバッファがかかります。

多くのエフェクトが後に接続したものほど効果が強くなるのに対し、バッファは先に接続したものの効果がより多く出ます。インプット部にBJF Bufferを組み込む意味はここにあります。BJF BufferをONにすることにより、全体の音色を暖かでナチュラルなトーンへと安定させることができます。

●コントロール
・DRY:ドライシグナル(インプットシグナル)の音量を0~100%の範囲で調整します。
・WET:ウェットシグナル(エフェクトループのシグナル)の音量を0~100%の範囲で調整します。
・BJF Buffer:BJF BufferのON/OFFを切替えます。
・TRAIL:トレイルの設定をします。onに設定すると、ブレンダーバイパス時にもRETURN端子からのシグナルをミックスします。
・PHASE:シグナルの極性を反転させます。実際の音色を聞きながら必要な音色に近い方に設定します。

※フットスイッチをOFFにすると、ドライシグナルのみが出力されます。トゥルーバイパスではありません。
※PHASEスイッチは位相を反転させるため、音を出したまま切り替えるとスイッチングノイズが出る場合があります。

●スペック
サイズ:94D×48W×35H mm
重量:230g
消費電流:12mA
電源:センターマイナスDC9Vアダプター
※電池はお使いになれません。

LEP INTLOne Control, blender