【ブログ】自在に音色をコントロール。驚異的に扱いやすいオーバードライブ。それがNOC3 Pure Boost!

ギターサウンドの核であり、ギターペダルの花形、オーバードライブ。

世界中に様々なオーバードライブがあり、それぞれにサウンドがあります。特徴的な音色がそのキャラクターとなることもあれば、ほとんど色がつかないことが特徴となることもあります。

NOC3 Pure Driveは、後者のトランスペアレントと呼ばれるスタイルのオーバードライブです。ただ、間違えることなかれ。単に色がつかないオーバードライブは面白くないかもしれませんが、Pure Driveはきちんと固有の音色を持ちながら、ギターサウンドを邪魔することがないのです。

5ノブ。コントロールが多いとややこしくなることもありますが、Pure Driveはシンプルです。歪みと音量、そして高域と低域。これがそれぞれ上段と下段に並び、中央でクリーンミックス。これだけです。トップにあるミニスイッチはクリッピングの切り替えです。

クリッピングスイッチで好みの歪み特性を選び、歪みの強さを調整したらハイとローで音色を整えて音量をあわせます。最後にクリーンを上げていくと、音色に芯が加わります。歪み感が多少変わるので、もう一度Driveを調整したら好みのオーバードライブがそこに完成します。

ツインOpampが作るサウンドは、スタンダードでクラシカルですがスムースでクリア。そして、さらに深く音を作るプレイヤーのために、内部にもHighとLowトリムポットがあります。

これはアンプのPresenceとDepthコントロールのように、超高域と超低域を調整することができます。実質的に4バンドEQ+クリーンミックス+3モードクリッピングセレクトを搭載。ここまでのコントロールをコンパクトペダルに搭載し、さらに音色が破綻したり、アンバランスになることもなく、ノブの全域を使って音を作ることができる。それがPure Driveです。

LEP INTLNOC3, OverDrive