【ブログ】格別、圧巻のサウンドを作るオーバードライブ。是非音をお聞きください!Animals Pedal Vintage Van Driving Is Very Fun!

音が良いオーバードライブ。自信を持ってこう言えるペダルです。

ブルースブレイカーというエフェクターがありました。そのペダルはローゲインなトーンを得意とし、アンプをブーストするペダルとしても人気でした。

その回路にアメリカの人気エフェクターブランドが着目し、自身のオリジナルオーバードライブを完成させたのは、ハンドメイドエフェクター全盛期。特にTS系オーバードライブが多数ひしめいていた時代に、“脱TS系”の急先鋒として知られたのがそのペダルです。

しかし、あまりの人気の高さ、生産数の制限から、一般に出回ってはいません。少しエフェクターに詳しい人ならよく知っているかもしれませんが、楽器店の店頭で見かけることは稀です。オークションなどに出品されれば相当な価格となります。

真に音の良いペダル。それは、このように語り継がれ、受け継がれ、そして伝説となっていくのでしょう。

Animals Pedal Vintage Van Driving Is Very Funも、やはり素晴らしく音の良いペダルです。

Vintage Van Driving Is Very Funも、”BB”の回路を原点として作られたオーバードライブです。シングルコイルでジャキっとした質感を作り、ハムバッカーではくっきりとしたアタックが心地よい。まさに音の良いオーバードライブです。

Vintage Van Driving Is Very FunをつないでONにすることは、ギターの音を“良くする”ことです。

広い帯域をしっかりと持ち上げ、クリーンブーストからミディアムなオーバードライブまで、常に最高のサウンドクオリティを作ることができます。

もはや、良いオーバードライブがアンプライクでハイレスポンスなトーンであることは当たり前となっています。Vintage Van Driving Is Very Funが同様の特性を持っていることは言うまでもありません。

倍音成分のトップエンドから、ギターサウンドの核であるミッドレンジ、そしてギタートーンを支えるローエンドまで、全ての帯域のバランスが良く、上質でありながら十分にワイルドなトーンを作る。そして、ギターやアンプのキャラクターをさらなる高みへと引き上げる。今のギタリストがオーバードライブペダルに求める、贅沢な要求に応えることのできる、数少ないペダルです。

BOOSTモードでは、アンプをプッシュして音を前に出す、クラシックなブーストスタイルはもちろん、それだけでなくお気に入りの歪みエフェクターをブーストしたり、デジタルアンプのトーンに深みを与えるような使い方も可能。

絶対的に音が良いペダルだからこそ、どんなセッティングでも良い音を引き出すことができるのです。

LEP INTLAnimals Pedal, OverDrive