【ブログ】アナログ感覚でプレイ!HR/HMもカバーできるMooer Black Truck!

アナログペダルやスイッチャーを使ったボードのように操作できるマルチエフェクター。

マルチエフェクターというとデジタル機器の代表のようなもので、その操作性にも癖があったり、毎回新しいことを覚えないと使いこなせなかったりします。

Mooer Black Truckは、そんなアナログ派、ボード派のプレイヤーがいつでも手軽にプレイできるよう作られたマルチエフェクターです。

操作性はコンパクトペダルを並べたボードで、スイッチャーのように各エフェクトのON/OFFを5つまで保存することもできます。

COMP:Mooerの人気コンプレッサーペダル、Yellow Compをベースとしたモジュールです。薄いコンプレッションからトランスペアレントなトーン、さらにコンプレッションの強いトーンまで、広く音を作ることのできるアナログコンプレッサーです。

OD:Mooerの人気オーバードライブ、Green Mileの回路をモディファイし、暖かでナチュラルなトーンを作るオーバードライブモジュールです。ゲインを上げるとヴィンテージアンプのドライブトーンに近づき、低いゲインではHi-Gainモジュールやアンプのブーストに最適です。

HI-GAIN:Black Truckのために開発されたアナログハイゲインディストーション回路です。ハイゲインアンプのサウンドを再現し、ハードロックからメタルまでをカバーします。 

EQ:Mooer Graphic Gをベースとしたアナロググラフィック・イコライザーです。100Hz~4kHzの範囲を5つの帯域(100Hz、250Hz、630Hz、1.4kHz、4kHz)に分け、それぞれを±18dBの範囲で調整することができます。0に設定すると、その帯域はブーストもカットもされません。PRE/POSTスイッチでHI-GAINモジュールとの接続順を切り替えることができます。

MOD:トレモロ、フェイザー、フランジャーを組み合わせたデジタルマルチモジュレーションユニットです。

SPACE:ハイクオリティデジタルディレイとステレオリバーブモジュールです。ディレイ、リバーブを個別、または同時に使うことができます。

LEP INTLMooer, Multi effector