【ブログ】Macにも対応しました!最もシンプルでコンパクトなハイクオリティキャビネットシミュレーター!IRローダーとしても使えます!Mooer Radar!

ミニサイズエフェクターサイズながら多彩な機能を搭載し、サードパーティIRの読み込みも行えるMooer Radar。これまでサードパーティIRの読み込みやファームウェアアップデートはWindowsでしか行なえませんでしたが、Macにも対応しました。

Mooer公式ページから、Windows用はもちろん、Mac用のエディタもダウンロード可能となり、IRの読み込み等が行えるように鳴っています。

Mooer Radarは、ペダルボードの最終段に設置してご使用いただけるスピーカーシミュレーターです。
30種類のキャビネットモデルに加え、11種類のマイクロフォンや4種類のパワーアンプシミュレーションを設定することができます。細かく音色を設定できるEQも搭載します。
レコーディングやヘッドフォンを接続しての練習など、ペダルボードだけでシステムを完結させることができます。

36種類のプリセットを保存し、好みのサウンドをいつでも呼び出し可能。
アウトプットに加えヘッドフォンアウトも備えています。


●特徴
・30種類のキャビネットモデル
・11種類のマイクモデル
・4種類のパワーアンプモデル
・カスタム可能なEQステージ
・カスタムIRをロード可能
・36種類のユーザープリセットを保存可能
・USBからPCエディタに接続可能
・ヘッドフォンアウト、ラインアウトに対応

●多彩なサウンド
Mooer Radarには、プリセットごとにON/OFF可能なパワーアンプモデリングを収録しています。パワーアンプモデリングには4種類の真空管タイプを選択できます。
30種類のキャビネットモデリングと11種類のマイクモデリングを選択可能。マイキングの位置と距離の調整も可能です。

さらに、ギター用、ベース用、および4バンドパラメトリックイコライザーの3タイプのEQを搭載。多くのパラメータをコントロールし、必要な音色を作り上げることができます。
 

パワーアンプのシミュレーターも搭載。真空管タイプを選ぶこともできます。

キャビネットモデルとマイクモデルを選択可能。IRを読んだ時、画面にマイクモデルが表示されますが、マイクモデルはスルーされます。

さらにEQも搭載。音色を細かくコントロールできます。

LEP INTLMooer, simulator