【ブログ】大人気のミニサイズプリアンプペダル、Mooer Micro Preampシリーズに3種類のニューモデル!

ミニサイズながら、オリジナルに迫る高いクオリティのアンプサウンドを作るとして大人気のMooer Micro Preampシリーズに3つのニューモデルが加わります。

Mooer Micro Preamp 011は、カリフォルニアを代表するアンプメーカーの制作する、100Wモダンハイゲインアンプのサウンドを収録したミニサイズのプリアンプペダルです。
チェッカープレートをフロントパネルに使用した攻撃的な外観で一世を風靡しました。あの独特の厚みとスピード感のあるハイゲインサウンドを、手軽に持ち運ぶことができます。
 

Mooer Micro Preamp 012は、LAにて多くのミュージシャンのシステムやアンプの設計を手がける最高峰のアンプビルダーが制作する100Wアンプのサウンドを再現することのできるミニサイズのプリアンプペダルです。
最初期のブリティッシュアンプのようなオフセットしたフロントパネルを持つそのアンプは、クリーントーンからドライブサウンドまで全てが圧巻のサウンドで、ハイエンドアンプとして最も支持を集めるアンプの1つです。Micro Preamp 012なら、そんな最高峰のサウンドを、手軽にどこへでも持ち運ぶことができます。
 

Mooer Micro Preamp 013は、その美しいトーンで世界的に人気のクラスA、30Wアンプのトーンを収録したミニサイズのプリアンプペダルです。
気品のある佇まいを持つそのアンプは、EL84管ならではのパワー感、細かなプレイまでを丁寧に表現するピッキングレスポンス、そしてクリーントーン~ローゲインサウンドでの美麗な倍音成分により、ブルースからポップス、ロックなど様々なジャンルで使用されています。Micro Preamp 013なら、あの美しい音色をギグバッグのポケットに入れておくことができます。

●Micro Preamp
Mooer Micro Preampシリーズは、様々な真空管アンプのサウンドをミニサイズ筐体に収録したデジタルプリアンプペダルです。“Inteligent Amplifier Modeling”テクノロジーにより、本物のチューブアンプが持つサウンド、ダイナミクス、レスポンスをキャプチャしました。

小さな筐体には機能が満載。3バンドEQを搭載し、2つのチャンネルを選択可能、さらにキャビネットシミュレータも内蔵します。フットスイッチはアクティブ/バイパスだけでなくチャンネル切替えスイッチとして使うこともできます。

Micro Preampシリーズのペダルは、エフェクターとしてはもちろんのこと、エフェクトリターンやパワーアンプインプットに接続し、アンプのパワーアンプを直接駆動させることもできます。さらにスピーカーシミュレータを使用してのラインレコーディングも可能。PAやモニターに直接出力することもできます。


●完全独立したデュアルチャンネル
Micro Preampシリーズは独立した2つのチャンネルを選択することができます。操作を行うコントロールノブは共通していますが、2つのチャンネル間でノブの操作が影響することはありません。CH/CABボタンやフットスイッチでチャンネルを切替えると、現在のノブの位置にかかわらず、前回の設定がそのままロードされます。
つまり、一度作った音は、チャンネルを切替えてノブを動かしても影響することがありません。
チャンネルを切り替えるとLEDカラーが変わるため、現在のチャンネルも一目でわかります。


●キャビネットシミュレータ
Micro Preampシリーズにはスピーカーから出た音をシミュレートするスピーカーシミュレータを内蔵し、PAやモニター、オーディオインターフェイスなどに直接接続することもできます。スピーカーシミュレータのON/OFFはCH/CABボタンを長押しすると切り替わります。キャビネットシミュレータがONになっている間、LEDはゆっくりと点滅します。


●コントロール
・VOL:音量を調整します。
・GAIN:歪みの強さを調整します。
・TRE:高域の出方を調整します。
・MID:中域の出方を調整します。
・BASS:低域の出方を調整します。
・CH/CAB:プッシュすることでチャンネルを切替えます。また、2秒間の長押しでキャビネットシミュレータのON/OFFを切替えます。
・フットスイッチ:2つの動作モードを備えています。動作モードを切り替えるにはフットスイッチを2秒間長押しします。
アクティブ/バイパス:フットスイッチを押すことでプリアンプのアクティブとバイパスを切替えます。通常のエフェクターのように使うことができます。
チャンネル切替え:フットスイッチを押すことで2つのチャンネルを切替えます。常時ONのプリアンプとして使う際に有効です。


●接続
・DCIN:センターマイナスDC9Vアダプターを接続します。消費電流は300mAです。
・INPUT:楽器側のケーブルを接続します。プリアンプとして使う場合、前段に歪みエフェクターなどを接続することも効果的です。
・OUTPUT:アンプやPA側のケーブルを接続します。アンプのインプットやエフェクトリターン、PAなどに接続します。空間系エフェクトなどは後段に接続すると効果的です。


●スペック
インプット:1/4インチモノラルオーディオジャック(インピーダンス:1MΩ)
アウトプット:1/4インチモノラルオーディオジャック(インピーダンス:100Ω)
電源:レギュレートされたセンターマイナスDC9Vアダプター(電池はご使用になれません)
消費電流:300mA
サイズ:93.5mm(D)×42mm(W)×52mm(H)
重量:160g