【ブログ】Mastery Bridgeが誇る、堅牢な構造のヴィブラート!OMVとMVの違いとは

ハイクオリティかつオリジナルなギターパーツで人気のMastery Bridge。ブリッジだけでなく、ヴィブラートユニットの制作も行っています。

OMVとMVの2種類、多くの共通項がありますが、使い方はまるで違っています。どう違うのでしょうか。

こちらがOMV。Offset Mastery Vibratoの頭文字を取ってOMVです。このユニットは、ジャズマスターやジャガーの多くに標準搭載されている、オフセットヴィブラートことフローティングヴィブラートをそのままリプレイスメントすることのできるユニットです。

すぐにアームが外れてしまう欠点を解消し、より堅牢かつ美しいヴィブラートを実現しました。

こちらはMV。Mastery Vibratoです。一見ほとんど違いはありませんが、実際、違いはプレートの形状のみとなります。この前後逆のスタイルは、ギターにセットするとクラシカルながら現代的な雰囲気を持つ、不思議なスタイルとなります。

MVは、新たにギターを作るルシアーや、トレモロなしのモデルに新規でトレモロを取り付ける際などにご使用いただけるモデルです。

また、OMV、MVともに、型番にPが付くものはポリッシュ加工(この記事の写真はすべてPです)、Lが付くものがレフティモデルとなります。

特徴
・トレモロアームを強固に固定
・アームの角度を自在に変えられるので付けたままでも違和感なくプレイング可能
・アームのテンションを調整可能
・こだわりの材により、堅牢で高精度さを実現
・弦のボールエンドが邪魔にならないストリングプレート
・引っ掛かりのないスムーズなアーミングを実現

Mastery独自のアームハウジングとヴィンテージスペックのアーム、そしてハイカーボンスティールスプリングにより、非常に高い精度のヴィブラート操作を実現します。ソリッドステンレスのストリング・ボディプレートは美しいポリッシュ仕上げです。
アームのテンションや角度も自在に調整可能です!