【ブログ】あまりにもすごすぎて、違う意味で”Amp in a Box”と呼ばれたペダル!Industrialectric RM-1N!

只者ではないリバーブです。何故か歪みも付いています。

Industrialectric RM-1Nは、リバーブペダルに求めるものを詰め込んだユニークなペダルです。
リバーブに必要だと考えているものを詰め込んだ結果、RM-1Nは“アンプ・イン・ア・ボックス”と呼ばれるようになりました。
細かく調整できるスプリングライクなリバーブサウンドと、ファズサウンドを組み合わせたサウンドは、まるで古いコンボアンプのように使うことができます。


●特徴
・軽いスプリング/ルームリバーブからアンビエント感マックスなカオスリバーブまで
・ブースト、オーバードライブ、ディストーション、ファズへと可変する広いゲインレンジのファズドライブ
・ユニークなカオスドローン
・独創的なリバーブテクスチャを実現するダークな周波数特性
・フットスイッチで無限に伸びるリバーブを設定可能
・最大にすると爆発的なゲインとなるリバーブデプス
・モメンタリーフットスイッチでオシレーションや長いトレイルを実現
・リバーブモジュールからの2つの出力を個別/同時に設定可能
・フィードバックコントロールで狂気のサウンドへ
・リバーブサウンドを深く調整するトーンコントロール
・ドライからウェットまでを調整できるミックスコントロール
・トップマウントジャック
・スタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動(電池駆動はできません)
・1台1台違った表情を見せるハンドペイント

●コントロール
・LEVEL:全体のアウトプットレベルを調整します。
・REVERB MIX:ドライシグナルとリバーブエフェクトのバランスを調整します。
・REVERB DEPTH:リバーブエフェクトの深さを調整します。最大にすると強いゲインの爆発的なサウンドとなります。
・FEEDBACK:リバーブの長さを調整し、発振させることもできます。
・PRE-GAIN:リバーブに入力前のゲインステージを調整します。
・POST-GAIN:リバーブから出力された後のゲインステージを調整します。
・TONE:ペダル全体のトーンを調整します。
・DRONE:強力でノイジーなオシレーションドローンを作成します。特に高めに設定するとユニークなトーンとなります。また、ゲインコントロールと組み合わせてさらなる音色を作ることができます。
・REVERB OUTPUT:リバーブモジュールのアウトプット1と2のバランスを調整します。中央位置では最も安定したトーンとなります。
・HI/LOスイッチ:リバーブの周波数レンジを切り替えます。
・REVERB LENGTHスイッチ:このスイッチを有効にすると、FEEDBACKが無効になり、REVERB MIX、REVERB DEPTH、REVERB OUTPUTで無限大に続くリバーブを調整します。
・フットスイッチ:BYPASSフットスイッチはエフェクトのON/OFFを切り替えます。MOMENTARYスイッチは発振とフィードバックのトリガーとして使うことができます。リバーブの長さをコントロールするスイッチとしても有効です。


●電源
RM-1NはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。
電池はお使いになれません。

消費電流は70mAです。