【ブログ】ストラトにさらなるサウンドバリエーションを手軽に!ObsidianWire Custom Blender for Strat!

ObsidianWireは、ニュージーランド、クライストチャーチで手軽にギターやベースのサウンドを変えることができ、簡単に取り付けることのできるエレクトロニクスを制作しています。
ハイクオリティなコンポーネンツを高い技術で取り付けることで、ギターやベースに新たな息吹を吹き込む事ができます。

ObsidianWireのCustom Blenderは、ネックとブリッジピックアップをブレンドを可能とし、ストラトキャスターのサウンドにさらなるバリエーションを加えることができます。Blenderノブを戻せば、即座にトラディショナルなストラトキャスターの5Wayスイッチサウンドに戻ります。

Custom Blenderでは、ストラトキャスターの3つコントロールノブをマスターボリューム、マスタートーン、ブレンダーの3コントロールへと変更します。
ブレンダーノブを上げれば、リードトーンに鐘のようなミッドレンジを加えたり、リズムトーンをトゥワンギーにすることができます。さらに3つのピックアップ全てを出力し、"音の壁”を作ることもできます。

・ブレンダーコントロールON時の5Wayスイッチポジションと役割
1.ブリッジピックアップにネックピックアップをブレンド
2.ミドルとブリッジのミックスにネックピックアップをブレンド
3.ミドルピックアップ
4.ネックとミドルのミックスにブリッジピックアップをブレンド
5.ネックピックアップにブリッジピックアップをブレンド

ブレンドコントロールを最小にすれば、トラディショナルなポジションのスイッチングとなります。

・ブレンダーコントロールOFF(最小)時の5Wayスイッチポジションと役割
1.ブリッジピックアップ
2.ミドルとブリッジのミックス
3.ミドルピックアップ
4.ネックとミドルのミックス
5.ネックピックアップ

さらに、ボリュームを下げたときにもクリアな音色を保つため、 ObsidianWire Custom Spec Treble Bleed Modも施されています。これにより、ボリュームを下げてもポットを低域だけが通り、高域のシグナルラインが分かれることで音の濁りを軽減します。

Custom Blenderは取り付けがとても簡単です。各ピックアップ、アウトプットそれぞれのホットとコールド、およびブリッジ、ボディのグランド線をエンフォースコネクタに接続するだけです。はんだも不要。アウトプットジャックも付属しています。

●コンポーネンツ・付属品
2×ObsidianWireセレクト250k(±6%)CTSポット(±2%でマッチング)、スプリットシャフト
1×ObsidianWireブレンダー250k(±10%)CTSポット、スプリットシャフト
1×Oak Grigsby 5Wayスイッチ
1×スイッチクラフトJ11モノ アウトプット・ジャック
1×ObsidianWireセレクト0.047μF 150シリーズポリエステルフィルムキャパシタ(±10%となるよう手作業で選別)
1×ObsidianWire Custom Spec Treble Bleed Mod
1×プリント基板(コンポーネンツ設置済)

●適合モデル
ObsidianWire Custom Blender for Stratは、アメリカ、およびメキシコ製のフェンダーストラトキャスターに直接フィットするよう設計されています。

インチサイズのポットを使用しているため、日本製モデルの場合、ピックガードの穴を3/8インチ(10mm)に広げ、インチサイズ用のノブが必要となります。

ObsidianWireではUSスペック、24スプライン、スプリットシャフトコントロールを使用しています。誤ったサイズのノブを無理に取り付けると破損する場合があります。必ず正しいサイズのノブをご使用ください。

LEP INTLObsidianWire, parts