【ブログ】クラシックな50s配線、さらにコイルタップも!レスポールを手軽にアップデート!ObsidianWire Custom SC 50's for Les Paul

ギターの配線を簡単にアップデートできるObsidianWireの、レスポール用アップデートキットです。

・50sモデルと60sモデルの違い
50sモデルは60sモデルよりもクラシカルな配線となります。ボリュームを絞った時に少しだけロールオフがあり、甘いクリーントーンとクリアなクランチ/リードを両立します。トーンコントロールもボリュームにわずかですが影響します。

60sモデルはボリュームをロールバックしても高域が維持され、トーン全体をクリアに保ちます。トーンコントロールもボリュームに作用しないため、直感的な操作が行なえます。

ObsidianWireのCustom SC for Les Paulは、レスポールモデルのワイヤリングをアップデートし、新たにコイルタップを追加することができるセットアップです。(2つのハムバッカーが4コンダクターケーブルの必要があります。)

ボリュームコントロールがコイルタップスイッチを兼ねており、ボディを加工する必要もありません。

・両方のスイッチをダウン時のPUセレクター(トラディショナルレスポール)
1.ブリッジハムバッカー
2.ブリッジハムバッカーとネックハムバッカーのミックス
3.ネックハムバッカー

・両方のスイッチをアップ時のPUセレクター
1.ブリッジシングルコイル
2.ブリッジシングルコイルとネックシングルコイルのミックス
3.ネックシングルコイル

・ネックボリュームスイッチのみアップ時のPUセレクター
1.ブリッジハムバッカー
2.ブリッジハムバッカーとネックシングルコイルのミックス
3.ネックシングルコイル

・ブリッジボリュームスイッチのみアップ時のPUセレクター
1.ブリッジシングルコイル
2.ブリッジシングルコイルととネックハムバッカーのミックス
3.ネックハムバッカー

Custom SC for Les Paulは取り付けがとても簡単です。各ピックアップ、アウトプット、ピックアップセレクター、グランドをエンフォースコネクタ、およびネジで接続するだけです。はんだも不要。アウトプットジャック、ピックアップセレクタースイッチも付属しています。

●コンポーネンツ・付属品
2×ObsidianWireセレクト500k(±6%)CTSポット(±2%でマッチング)、ロングシャフト(付属のエクストラナットによりショートシャフトギターにも適合)
2×ObsidianWireセレクト500k(±6%)CTSポット(±2%でマッチング)、スプリットシャフト、プッシュ/プルスイッチ
1×スイッチクラフトショートトグルスイッチ
1×スイッチクラフトJ11モノ アウトプット・ジャック
1×ObsidianWireセレクト0.022μF 150シリーズポリエステルフィルムキャパシタ(±10%となるよう手作業で選別)
1×プリント基板(コンポーネンツ設置済)

●適合モデル
Custom SC for Les Paulは、アメリカ製のギブソン・レスポールに直接フィットするよう設計されています。

エピフォン製モデルにご使用いただく場合、USスペック用にボディの穴を広げ、24スプラインノブに合わせる必要があります。メトリックノブでは破損につながる場合があります。

コイルタップ機能を使用するには、4コンダクターケーブルのピックアップが必要です。(2コンダクターケーブルでもコイルタップ機能以外は動作します。)

LEP INTLObsidianWire, parts