【ブログ】これほど“8ビット”なエイトビットファズは見たことがない。Parasit Studio The Arcadiator!

ファミコンのようなレトロなトーンを作るエイトビットファズ。最高にクールな動画を見て試してみると、意外とスウィートスポットが狭かったり、使ってみるとゲートがやたら強いファズだったりすることもあります。

このペダルほど“8ビット”なエイトビットファズは見たことがありません。

Parasit Studio The Arcadiatorは、狂気の8ビットファズです。
よくあるただゲートが強いだけの8ビットファズではなく、オクターブダウン、オクターブアップ、パルスモジュレーションとオルタナティングオクターブ。

オクターブダウンとパルスモジュレーション(PWM)シグナルを組み合わせると、80年代の8ビットゲーム機を思わせるレトロなサウンドを作ることができます。
全てのトグルスイッチを下に設定すれば素晴らしいオクターブファズになります。

The Arcadiatorは普通のペダルではありません。特に出力の強いピックアップとの相性が良いため、動作がうまくいかないときはペダルの前にブースターやディストーション、コンプレッサー等を接続してみてください。
特にギターのトーンコントロールを下げ、フロントピックアップを選択することを推奨します。
オクターブベースの回路のため、和音よりもシングルノートでの演奏に向いています。ベースでもお使いいただけます。

●コントロール
The Arcadiatorには2つのシグナルパスがあります。
Path1:オクターブアップ/PWMシグナル
Path2:オクターブダウン(LFOによってのみ制御されます)

Level:全体の音量を調整します。
Rate:LFOスピードを調整します。
Width:パルスモジュレーション(PWM)、またはオクターブアップのインテンシティを調整します。
Blend:2つのシグナルパスをブレンドします。

LFOスイッチ:モジュレーションをオルタナティングオクターブ(交互オクターブ)、OFF、スパッタリングオクターブで切り替えます。ギターインプットでトリガされます。
PWM/1UPスイッチ:パルスモジュレーションシグナルとオクターブアップを切り替えます。
OCTAVEスイッチ:オクターブダウンを1オクターブ、2オクターブ、両方から選択します。


Parasit Studio The ArcadiatorはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。
消費電流は13mAです。
電池はお使いになれません。