【ブログ】ピッチシフトフランジャー!?Old Blood Noise Endeavors Flat light!

超個性派!強力なフランジャーです。いや、フランジャーと考えるより、これはなにか全く新しいエフェクターといえるのではないでしょうか。

Old Blood Noise Endeavors Flat Lightは、全く新しいフランジャーエフェクトです。驚異的なピッチシフトフランジャー、レゾナンスの高いメタリックなトーン、リバーブライクなディレイや旋回するサウンドなど、創造力を掻き立てるサウンドを作ることができます。

●エフェクトモード

・DETUNE:ピッチシフトフランジャーです。オクターブダウンからオクターブアップまで、SHIFTコントロールでレンジを設定できます。12時付近ではデチューンサウンドとなります。

・RESONATE:フランジャーを直列で接続し、高いレゾナンスを持ったフランジャーです。SHIFTコントロールでフィードバックを調整します。低く設定するとコーラスのような音色になります。高く設定すればメタリックな風合いを音色に付けることができます。

・ECHO:フランジャーにマルチディレイを加えたエフェクトです。SHIFTコントロールでディレイタイムを調整します。時計回りでディレイタイムが長くなり、最小設定ではディレイが目立たなくなります。このモードでは、DEPTHコントロールでレゾナンスをコントロールし、フランジャーのDepthは固定されます。

●コントロール
・RATE:モジュレーションスピードを調整します。

・DEPTH:モジュレーションの深さを調整します。ECHOモードではレゾナンスコントロールとなります。

・MIX:ドライシグナルとウェットシグナルのバランスを調整します。最小設定では100%ドライ、最大設定では100%ウェットとなります。

・SHIFT:エフェクトモードによりコントロールが変わります。

・フットスイッチ
BYPASSフットスイッチはエフェクトのON/OFFを切り替えます。TILTスイッチはモメンタリースイッチで、踏んでいる間RATEまたはSHIFTコントロールを最大設定にします。(ノブでこれらのコントロールが最大設定となっている時は効果はありません。)RATEまたはSHIFTコントロールのどちらにスイッチを割り当てるかはエクスプレッションペダルのコントロールと同様に設定します。

・アウトプットコントロール
デフォルトではFlat Lightはユニティゲインに設定されていますが、内部のOutput Trimトリムポットでアウトプットレベルを調整することができます。時計回りでブースト、反時計回りでカットとなります。

・エクスプレッションペダル
Flat LightのExp端子にはエクスプレッションペダルを接続することが出来ます。この端子に接続されたエクスプレッションペダルを使用し、RATE、またはSHIFTコントロールをリアルタイムに動かし、新たな音の可能性を見つけることが出来ます。
内部のスイッチで、この端子にどのコントロールを割り当てるかを設定出来ます。スイッチを右側のポジションにすればRATE、左側のポジションにすればSHIFTとなります。デフォルトではSHIFTに設定されています。

Flat Lightはスタンダードなセンターマイナス9VDCアダプターで動作します。消費電流は46mAです。電池はお使いになれません。
Flat Lightはトゥルーバイパスです。

Flat Lightのアートワークはオクラホマ州エドモンドのAaron Cahillによるものです。

LEP INTL