【ブログ】個性派“モジュレーション”ディレイエフェクトをまとめました!Old Blood Noise Endeavors Mondegreen Delay !

モジュレーションエフェクトとディレイを組み合わせました。なんだ珍しくもない、ただのモジュレーションディレイか。そんなはずはありません。濃厚なモジュレーションディレイと、さらに個性的なスタッターディレイ、そしてピッチシフトディレイ。それがMondegreen Delayなのです。

Old Blood Noise Endeavors Mondegreen Delayは、今までのディレイペダルとは違った、新しいデジタルディレイです。
ディレイエフェクトにモジュレーションエフェクトを加えたディレイペダルですが、一般的なモジュレーションディレイとは全く違ったサウンドを作ることもできます。

●エフェクトモード
・STUTTER:ディレイエフェクトにパーカッシブなトレモロを加えたサウンドです。TIMEコントロールでディレイタイムとトレモロスピードを同時に可変できます。最小設定ではディレイタイムが短く、トレモロスピードが遅くなります。最大ではディレイタイムが長く、トレモロスピードが早くなります。トレモロエフェクトはディレイサウンドにのみかかります。

・WHIRL:コーラスエフェクトがディレイサウンドにかかるモジュレーテッドディレイです。MORPHコントロールでコーラスの深さをコントロールできます。

・SHEER:ディレイエフェクトにオクターブアップエフェクトをかけたディレイです。最初のリピートはシグナルと同じクリーンなリピードで、次のリピートにオクターブアップがかかり、その次のリピートではさらにオクターブアップがかかります。MORPHコントロールでリピートに軽いモジュレーションをかけることもできます。幻想的なトーンを作るモードです。

●コントロール
・TIME:ディレイタイムを設定します。ディレイタイムはSTUTTERとWHIRLモードで最大1850msまで、STUTTERモードでは最大1500msまで設定できます。

・FEEDBACK:ディレイエフェクトのフィードバックを調整します。最小設定では1回、最大設定では長いフィードバックを設定できます。発振はしません。

・MIX:ドライシグナルとウェットシグナルのブレンドコントロールです。最小設定では100%ドライ、最大設定では100%ウェットとなります。12時でドライとウェットが1:1となります。

・MORPH:各モードのモジュレーションの深さを調整します。SHEERモードでは軽いモジュレーションを、STUTTERとWHIRLモードでは深くモジュレーションをかけることができます。

・アウトプットコントロール
デフォルトではMondegreen Delayはユニティゲインに設定されていますが、内部のOutput Trimトリムポットでアウトプットレベルを調整することができます。時計回りでブースト、反時計回りでカットとなります。

・エクスプレッションペダル
Mondegreen DelayのExp端子にはエクスプレッションペダルを接続することが出来ます。この端子に接続されたエクスプレッションペダルを使用し、TIME、またはMORPHコントロールをリアルタイムに動かし、新たな音の可能性を見つけることが出来ます。
内部のスイッチで、この端子にどのコントロールを割り当てるかを設定出来ます。スイッチを右側のポジションにすればTIME、左側のポジションにすればMORPHとなります。

Mondegreen Delayはスタンダードなセンターマイナス9VDCアダプターで動作します。消費電流は60mAです。電池はお使いになれません。
Mondegreen Delayはトゥルーバイパスです。

Mondegreen DelayのデザインはイラストレーターのJake Blanchardによるものです。