【ブログ】小さなシステムをエフェクターインナーバックでコンパクトに持ち運ぼう!

エフェクターを持ち運ぶ。がっつり組み上げたボードとは違う、ちょっとしたシステムやエフェクトで十分な時、エフェクターインナーバックは本当に便利にお使いいただけます。

内部は取り外しや組み換えのできる仕切りがあります。持ち運ぶシステムに合わせて自在に仕切ることができます。

このシステムを入れてみましょう。

仕切りを少し組み替えて……入りました。全体が柔らかく作られているため、機材もしっかり守られます。

電源はポケットに。

ボードを組めばいいのでは?それも一つの方法です。ですがこのシステム、ボードで必要なサイズとインナーバックのサイズを見比べてみましょう。コンパクトに持ち運べて移動が楽になります。

インナーバックですので、トートバッグやリュックなどに詰め込んで持ち運ぶことができます。