【ブログ】全ギタリスト必携!使わないと損というレベルで弦交換をすばやく終わらせるためのString Stratcha!

弦の交換。それはギタリストにとっては避けて通ることのできない儀式です。弦は演奏したり保管しているうちに必ず老朽化する消耗品のため、どんな弦でも必ず交換する時期は来ます。

弦を交換する。ついでに指板を綺麗にしたりもすることがあるでしょう。弦交換自体はけっこう楽しいものです。

しかし、ギタリストにとっての憂鬱はこの後にあります。張ったばかりの弦は、突然自身にかかった張力で伸びます。弦が伸びると音程が下がるので、ペグを巻いて音程を上げます。するとまた張力で弦が伸びます……この繰り返しです。

それを避けるため、ギタリストは弦を交換したら弦を伸ばします。これが意外と大変で時間がかかります。チョーキングしてみたり、引っ張り上げて動かしてみたりしますが、指先だけで弦を伸ばそうとすると均等に伸ばすことができません。弦の伸びたところ、伸びていないところのムラができて、指は痛くなって、時間もかかる。良いことは一つもありません。

その全てを解決するのがString Stratchaです。ワーオ。

深夜の通販番組のような展開になりましたが……実際にお使いいただければこの凄さがわかっていただけると思います。使わないと損をしていた、そう思うかもしれません。

_DSC0398.jpg

String Stretchaの前後の出っ張りを弦に当てて引っ掛けます。

そして持ちてを持ち、引き上げながらStretchaをブリッジ側からナット側へとゆっくり滑らせます。

ゆっくりです。勢いよくやると摩擦熱が弦を傷めてしまうことがあるためです。ゆっくり、2~3回弦を滑らせます。これを全ての弦でやるだけ。時間にして1分かかるかどうか。

これで、弦はブリッジからナットまで均等に伸ばすことができました。時間もかからず、指も痛くなりません。均等に弦が伸ばせているので、チューニングも安定します。チューニングが安定するので、プレイも良くなります。

まさに、使わないと損、それほど画期的なアイテムなのです。