【ブログ】超小型でオートワウもタッチワウも、多彩なフィルターも!Mooer @Wah、すごい。

Mooer @Wah。小さなサイズの中に多彩なフィルターをまとめたペダルです。オートワウ、タッチワウは、なぜか大きな筐体の方が音が良く見えたりしますが、小さいからといって侮ってはいけません。すごいペダルなんです。

Mooer @Wahは、小さなサイズの中に4つの異なるワウ/フィルターと1つのトーキングエフェクトを収録したペダルです。SPEEDコントロールの設定に合わせてフィルターを動かすAUTOモードと、ピッキングに合わせてフィルターが動くTOUCHモードを搭載し、それぞれのフィルターを2種類の動作モードで操作することができます。
シンプルなコントロールで、多彩なフィルターサウンドを作ることができます。

●特徴
・5タイプのワウ/フィルターモード
・オート(タイムベース)、タッチ(ダイナミックレスポンス)の動作モード
・多彩なコントロール
・トゥルーバイパススイッチング
・マイクロサイズのメタルハウジング

●MODE
MODEノブは、フィルターモードの選択と、ミックスおよびフィルターアタックを同時にコントロールします。5つのフィルターモードは下記のとおりです。
・LP(ローパス)
・BP(バンドパス)
・HP(ハイパス)
・SP(スタンダード)
・TALK(トーキングモジュレーター)

●スペック
インプット:1/4インチモノラルオーディオジャック(インピーダンス:470kΩ)
アウトプット:1/4インチモノラルオーディオジャック(インピーダンス:100Ω)
電源:センターマイナスDC9Vアダプター(電池駆動はできません)
消費電流:120mA
サイズ:93.5mm(D)×42mm(W)×52mm(H)
重量:140g

LEP INTLmooer, AutoWah