【ブログ】チューナー搭載、インプットとアウトプットにバッファ内蔵!6ループスイッチャーです。Mooer Pedal Controller L6

Mooerの機能的スイッチャーです。

 

Mooer Pedal Controller L6は6つのエフェクトループを搭載したプログラマブルスイッチャーです。
最大32までのプリセットを保存することができ、それらのプリセットを呼び出して6つのエフェクトループをまとめて操作することができます。
また、LIVEモードでは一般的なペダルボードのように、各エフェクトループをフットスイッチで個別にON/OFF操作することが可能。
独立したMuteスイッチにより、いつでも出力をミュートすることができます。

Pedal Controller L6にはチューナーアウトを搭載していますが、本体にもチューナーを内蔵しており、いつでもチューニングを行うことができます。

さらに、インプットとアウトプットに個別にON/OFF操作ができるバッファーを内蔵しています。

各エフェクトループのON/OFFは大型のバックライト付きパネルで表示されます。このパネルにはシールを貼ったり、水性ペンで書き込んだりして各ループの役割を視覚的に表示することができます。実践的な仕様となっています。

Pedal Controller L6にはLIVEモードとPLAYモードの2つのオペレーションモードがあります。

PLAYモード

PLAYモードはデフォルトオペレーションです。このモードでは36種類のプリセットの保存や呼び出しを行い、複数のエフェクトループをフットスイッチ1つで同時に切り替えることができます。Pedal Controller L6は6つのバンクに各6種類のプリセットを保存できます。

バンクの選択:フットスイッチ1と2を同時に押すと、バンクナンバーが下がり、フットスイッチ3と4を同時に押すとバンクナンバーが上がります。

プリセットの選択:バンクナンバーを選びフットスイッチ1-6を押すことでプリセットを呼び出すことができます。

プリセットの編集や保存についてはマニュアルのパネルインストラクションの項目を参照してください。

PLAYモードではディストーションスクリーンに下図のように表示されます。

P:PLAYモード、2:バンクナンバー、1:プリセットナンバー

LIVEモード

LIVEモードではエフェクトボードのように、各エフェクトループのON/OFFをフットスイッチで操作します。(フットスイッチ1でループ1、フットスイッチ2でループ2……の操作をします。)

ループが有効になると、バックライトパネルが点灯します。ループがOFFになると、バックライトパネルは暗くなります。

LIVEモードに入るには、LIVE/BACKボタンを押します。LIVEモードではLEDディスプレイにP L 6と表示されます。


TUNERモード

Pedal Controller L6にはチューナーを内蔵し、Tunerアウトを使わなくてもチューニングを行うことができます。チューナーを起動するには、フットスイッチ5と6を同時に押します。チューナーが起動するとアウトプットがミュートされ、LEDディスプレイにチューナーが表示されます。

バッファー

Pedal Controller L6には2つのバッファーを内蔵しています。BUF-FとBUF-Bボタンでそれぞれ個別にON/OFFすることができます。バッファーはケーブルや多数のエフェクター、接点がシグナルに与える影響を軽減します。両方のバッファーをOFFにするとPedal Controller L6はトゥルーバイパスとなります。

BUF-F:インプットバッファーです。インプットと最初のループの間に設置されます。

BUF-B:アウトプットバッファーです。最後のループの後に設置され、アンプへのシグナルやその他の機器からの影響を軽減します。

●スペック
インプット:1/4インチモノラルオーディオジャック(インピーダンス:2MΩ)
アウトプット:1/4インチモノラルオーディオジャック(インピーダンス:100Ω)
電源:レギュレートされたセンターマイナスDC9Vアダプター(電池はご使用になれません)
消費電流:350mA
サイズ:370mm(D)x97mm(W)x33mm(H)
重量:1.05kg

LEP INTLMooer, Switcher