【ブログ】暖かなフィルタートーン!ファンキーなサウンドを簡単かつ超コンパクトに!Mooer Envelope!

フルアナログフィルターならではの暖かなトーン。ファンキーでふくよかな音を作るエンベロープフィルター!

Mooer Envelopeは、小さなサイズのアナログエンベロープフィルター/オートワウです。多彩なコントロールを組み合わせ、ギターやベースに使うことができます。

●特徴
・ポケットサイズのエンベロープフィルター/オートワウペダル
・ギター、ベースの両方で使用可能
・100%トゥルーアナログ回路による暖かなトーン
・SENSITIVITY、Q、DECAY、TONEによる多彩なコントロール
・フルメタル筐体
・小型、コンパクトデザイン
・トゥルーバイパススイッチング

●コントロール
Decayコントロールはフィルターのリリースとクローズの調整です。時計回りでディケイが長く、反時計回りで短くなります。(Sensitivity、Attackセッティングと合わせて音色を調整します。)

QコントロールはワウエフェクトのQを調整します。時計回りで値が高くなり、急激なかかりとなります。反時計回りでは値が低く、より広い帯域にフィルターがかかり、ワウエフェクトを弱くかけることができます。

Toneコントロールは全体のトーンとペダルの周波数レンジを調整します。時計回りでブライトかつ高域に、反時計回りでは暖かで低域よりのトーンとなります。反時計回りではベースでの使用にも最適です。(Sensitivityを0に設定するとToneはフィルターの周波数レンジのみを調整します。)

Sensitivityはエンベロープフィルターのダイナミックレスポンスを調整します。時計回りでペダルはセンシティブとなり、ピックアタックで簡単にフィルターを動かすことができます。反時計回りではより強いアタックでフィルターが動くようになります。ギターピックアップ等により適正な値が変わるため、12時位置をスタートとし、様々な設定を行ってみてください。

より正確にフィルターをかけるため、Envelopeは歪みよりも前に設置することを推奨します。

●使い方
1.センターマイナスDC9Vアダプターを接続します。
2.楽器をインプットジャックに接続します。
3.アウトプットジャックからアンプや次のエフェクターに接続します。
4.ON/OFFスイッチを押し、SNSITIVITY、TONE、DECAY、Qコントロールで音を作ります。
5.プレイを楽しみます。

●スペック
インプット:1/4インチモノラルオーディオジャック(インピーダンス:1MΩ)
アウトプット:1/4インチモノラルオーディオジャック(インピーダンス:1kΩ)
電源:センターマイナスDC9Vアダプター(電池駆動はできません)
消費電流:20mA
サイズ:93.5mm(D)×42mm(W)×52mm(H)
重量:151g

LEP INTLmooer, autowah