【ブログ】ヴィンテージブースターの定番、レンジマスターをさらに使いやすく!Catalinbread Naga Viper!

ヴィンテージブースターの中でも最も知名度の高いものといえば、レンジマスターだと言って良いでしょう。レンジマスターはその名前は有名ですが、今のギタリストにはあまり使われません。トレブルブーストという特性が今のハイレンジなアンプと合わせにくいとか、様々な理由はありますが、レンジマスターのサウンドが古くなってしまったのでしょうか。

実はそうではありません。レンジマスターは確かに古い機材で、オリジナルそのまま使えば古い音を作るのに向いています。ですが、レンジマスターの“レンジ”をさらに広げると、そこには新しい世界が待っているのです。

Naga Viperは、多くのギター弾きに影響を与えてきたギタリスト達のサウンドを作り出してきた有名なトレブルブースターのサウンドを求めて設計しました。そのギタリスト達はそれぞれがユニークなプレイヤーですが、粗く歪んだアンプの音をジューシーなサウンドにする時にはそのブースターを使用していました。
Naga Viperはその素晴らしいブースターを元に、より現在のプレイヤーにとって使いやすいものになるよう新たに2つのコントロールを追加しました。
Rangeノブではブーストする帯域を調整可能で、クラシックなブースターのように高音域を強調したり全ての帯域をブーストしたり自由にブーストする帯域を変化させることができます。
また、Heatノブではゲインを調整できます。オリジナルはNaga Viperのゲインの最大値で固定されていました。これらのコントロールを追加することで、クラシックなトレブルブーストを基調としながらもNaga Viper1台であらゆるサウンドに対応出来るようになっています。
トレブルブースターはすでに歪ませてある真空管アンプに繋いで使われていました。歪んだサウンドの全ての帯域をブーストしてしまうと輪郭も音程もはっきりしない音になってしまうことからトレブルブーストが重宝されていました。
一方、現在のプレイヤーは真空管アンプの代わりにエフェクターで歪みを作りコンボアンプで音を出す使い方も一般的になっています。Naga Viperは現代の「小さなアンプ」ともいえるエフェクターに繋いだ場合でも当時のサウンドを好みの音量で実現することができます。
もちろんCatalinbredのアンプライクなエフェクター、Dirty Little Secret MkIIやCB30との相性は完璧です!

LEP INTLCatalinbread, booster