【ブログ】スタイリッシュなラムズヘッドペダル、Buffalo Fx M1!お求めやすくなりました!

ラムズヘッド。70年代の初期に制作されたビッグマフに付けられた愛称です。この時代のビッグマフは、歴代のモデルの中でも最もゲインが低く、甘い音が特徴です。

その特性は、プレイし甲斐があるとも言えますが、うまく手懐けるのが難しいとも言えます。もっと手軽に、より細かく音を作っていくことができれば、あの音を自由にコントロールできる。そのためにラムズヘッドを発展させたペダルが、Buffalo Fx M1です。お求めやすくなりました。

Buffalo FX M1は、ラムズヘッドと呼ばれる伝説のヴィンテージファズをベースに、ひとつ上のレベルに引き上げられたファズペダルです。
アクティブ Treble/Bass 2バンドEQを搭載し、マフと呼ばれるファズペダルの中でも圧倒的な音作りの幅広さを実現しました。

基本となっているのはクラシックなラムズヘッドやパワーブースターのスタックです。ノイズを少し減らし、トーンのバランスを取り、ミッドレンジを加えました。

2バンドEQは、ノブを12時付近に設定すれば、ラムズヘッドをブーストしたようなサウンドになります。そこからTrebleを加えればトラディショナルなラムズヘッドトーンに、Bassをフルにプッシュし、Trebleを減衰させれば、少しミッドが加わったシビルウォー時代のトーンへと近づきます。Bassを最小に、Trebleを好みに合わせてセットすれば様々なミックスに合わせられるリードトーンが得られます。

デザインだけでなく、内部のスタイリッシュです。M1にはトータルで6つのゲインステージがあります。それぞれのステージは完璧にチューニングされ、ローノイズで大きなゲインを作ることが出来ます。EQはどんなセッティングでも使えるサウンドとなるよう設定されています。また、現代のピックアップに合わせ、インプットステージも新たに設定しました。インプットインピーダンスは1MOhm、アウトプットインピーダンスは10kです。

LEP INTLbuffalo Fx, fuzz