【ブログ】アーミーグリーンのビッグマフを大きく発展させました。Wren and Cuff Super Russian

この、テトリスのタイトル画面みたいな宮殿は、ロシアのイメージでしょうか。

Super Russianは、アーミーグリーンと呼ばれたビッグマフの中でも初期、トールフォントと称される時期のモデルをさらに発展させたペダルです。

Wren and Cuff Super Russianは、1990年に制作された“Tall Font”と呼ばれるロシアンマフを元に、さらに機能を追加したペダルです。

・マフサイド
アーミーグリーンの筐体に、トールフォントと呼ばれる字体がペイントされた、初期のロシア製ビッグマフペダルを現代に甦らせました。
より大きな音量もカバーし、さらにスイッチによりトラディショナルなミッドを削るEQをカットしてフラットなトーンを作ることもできます。そして“Creamy Dreamer Mod”を有効にするスイッチで、さらにリッチなトーンを作ることもできます。

・ブーストサイド
独立したクリスタルクリアなゲルマニウムバッファードブーストは、マフ回路の前に設置され、より歪みをプッシュすることができます。このブーストはクリーントーンをより“強く”するために使うことも可能です。独立してON/OFFできるので、他のペダルやアンプをプッシュすることもできます。

・内部接続
インプット→クリーンブースト→“Tall Font"→アウトプット

LEP INTLWren and Cuff, Fuzz