【ブログ】デジタルアンプとの組み合わせにも!今の時代のオーバードライブ、Chase Bliss Audio Brothers!

デジタルとアナログを組み合わせた歪み。というと、なかなか今のギタリストでもイメージがしづらいかもしれません。フルアナログの歪みをデジタルでコントロール、というのも、よく分からないのが本当のところではないでしょうか。

Chase Bliss Brothersは、実はアメリカでもトップクラスの人気の歪みペダル。その理由は、音を出せばすぐに分かると思います。

JFETベースとICベースの2種類の歪み回路を内蔵し、それぞれ個別にブースト、オーバードライブ、ファズで切り替えて組み合わせが可能。

これだと、なんだかいいとこ取りで結局どれも中途半端、みたいなサウンドの印象があるかもしれません。

もっと簡単に書くと、Boostはクリーンブースト、Driveはモダンな歪み、Fuzzはクラシックな歪みです。今ほしい音をそうして選ぶとわかりやすいです。

特にデジタルアンプとの相性も抜群。モダンサウンドならDrive、クラシックアンプならFuzz、というように選ぶこともできます。

そしてキーポイントとなるのがこのスイッチ。2つの歪み回路をどう接続するかを選べます。片方をブーストに固定しておき、これで切り替えればプリブースト、ドライブブーストの切り替えも可能。またファズとドライブを合わせればよりハイゲインに、ドライブを2つ合わせればモダンなディストーションに、パラレルで使えばさらなる可能性もあります。クリーンブーストではなくクリーンミックスしたようなトーンも作れます。

Chase Blissならではの多彩な機能も搭載。難しそうに見えますが、使ってみればシンプルでわかりやすく、守備範囲が広くて音も良いペダルです。