【ブログ】テレキャスターにさらなる可能性を!“4Way”ピックアップセレクターに交換できるObsidianWire Custom 4-Way for Tele!

テレキャスターというシンプルなスタイルのギター。2つのシングルコイルピックアップ、ソリッドボディ、シンプルなネックとコントロール構成が生み出すサウンドには、エレキギターの可能性が詰まっています。

鈴のように美しいクリーントーンから鋭く突き刺さるクランチ、太く暖かなリード……数多くのジャンルに使用される様々なサウンド、カントリーからブルース、ハードロックに至るまで、テレキャスターで音を作ることができます。

そこにさらなる可能性。フロントとリアピックアップを直列で接続し、ハムバッカーのような音を作る「4番目」のモードを追加することができます。

ObsidianWireのCustom 4-Way for Teleは、トラディショナルなテレキャスターのトーンはそのままに、4つ目のスイッチポジションにより新たなトーンを作ることができます。
新たに加わるスイッチポジションではネックとブリッジピックアップを直列で接続し、ハムバッカーライクなトーンを作ることができるようになります。

4Wayスイッチポジションと役割
1.ネック+ブリッジピックアップ(直列)
2.ネックピックアップ
3.ネックとブリッジのミックス
4.ブリッジピックアップ

さらに、ボリュームを下げたときにもクリアな音色を保つため、 ObsidianWire Custom Spec Treble Bleed Modも施されています。これにより、ボリュームを下げてもポットを低域だけが通り、高域のシグナルラインが分かれることで音の濁りを軽減します。

もちろん見た目は変わりません。

●適合モデル
ObsidianWire Custom 4-Way for Teleは、アメリカ、およびメキシコ製のテレキャスターに直接フィットするよう設計されています。

インチサイズのポットを使用しているため、日本製モデルの場合、フェンダーUSA製のコントロールプレートをご用意いただく必要があります。

サードパーティのコントロールプレートはノブやスイッチのスペースが合わず、取り付けられない場合があります。

ObsidianWireではUSスペック、24スプライン、スプリットシャフトコントロールを使用しています。誤ったサイズのノブを無理に取り付けると破損する場合があります。必ず正しいサイズのノブをご使用ください。

LEP INTL