【ブログ】エフェクツベーカリー第2弾!!プレーンでナチュラルなお手頃コンプレッサー、Effects Bakery Plain Bread Compressor!

ギターのクリーントーンをしっかりと作る、という発想は、意外となかったりします。もちろんイコライジングをしっかりする、ピックアップセレクトやプレイングで音色を切り替える、ということはありますが、エフェクターでクリーントーンを作ることの重要性が分かると、さらにプレイが楽しくなります。

コンプレッサーはクリーントーンを作る上で最重要エフェクトの1つです。かつてはプレイをごまかすエフェクターという汚名をかぶったこともあります。ギター初心者なら、ONにしても何が変わったのかわからないかもしれません。

コンプレッサーというエフェクトが分かると、クリーントーンはさらに上質になります。

Effects Bakery Plain Bread Compressorは、ギターサウンドを歯切れよく、立体的にアップデートする現代的なコンプレッサーです。

Effects Bakeryならではのコスト低減により、低価格でありながら信じられないほど美しい、ナチュラルコンプレッサーが完成しました。

ミニサイズながら大きめの見やすいノブを採用し、操作性も高めています。

ナチュラルなコンプレッサーとは、ギターサウンドに違和感なくかけることができ、それでいてしっかりとした存在感をもたせる事のできるコンプレッサーです。
ギターをそのまま歪ませないアンプにつなげば、たしかにクリーントーンになりますが、音源で聞くクリーントーンとは違った音です。
また、そのままバンドで“クリーントーンのパート”を引くと弱々しく、音は伸びず、扱いにくい音色となってしまいます。
それはなぜでしょうか。
答えは簡単です。クリーントーンの音を「作っていない」からです。
しっかりとした存在感があり、扱いやすいクリーントーンを作るには?正解は1つではありませんが、コンプレッサーは間違いなく正解の1つです。
コンプレッサーそのものの音色は圧倒的にナチュラルであり、同時に1ノブながらフルレンジにコントロールのできるTONEノブが音色全体を補正し、さらにスタジオコンプレッサー並のローノイズを実現しました。

コンプレッサーは音を揃えるためのものと言われることもあり、たしかにその用途に使われることもありますが、コンプレッサーをうまく使いこなすことは、より自在な表現の強弱をつけることにもつながります。