【ブログ】2399ディレイをテープエコートーンに。ディレイチップの限界に挑戦したHungry Robot Pedals Moby Dick V2!

PT2399というディレイチップは、不思議なチップです。もともとは低価格にクラシックなディレイサウンドが作れるとして、アナログディレイのBBDチップの代替としてエフェクターに使われはじめました。

2399ディレイを最も有名にしたのが、BJFの設計したDBDペダル。それがまさにアナログトーンを実現させ、多くのプレイヤーが使用しました。

その後BBDの再生産がすすみ、アナログディレイが復権するとともに、2399ディレイは数を減らしました。

ですが、PT2399はBBDとは違った音が特徴です。ディレイよりもエコー。特にテープエコー風のトーンは、BBDよりも再現性が高いのです。

Hungry Robot Pedals Moby Dick V2は、アナログテープエコーのトーンに思いを馳せるタップテンポディレイペダルです。基本に立ち返る、“Back-to-basics”の精神で、余計なギミックや隠し機能、階層メニューや複数のコントロールが割り当てられたノブなど、ややこしい操作は一切不要なディレイペダルに仕上げました。

V2となったことでコンパクト化し、さらにテープエコー特有の飽和感を限界まで高めました。このテープサチュレーションは追加されたLofiノブでコントロールすることができます。ディレイチップのフロントにプリゲイン回路を追加することでこれを実現しています。
また、モジュレーションをよりはっきりとかかるように調整し、Modノブでコントロールできるようになりました。ModとLofiノブを組み合わせることで、テープエコーの持つ質感をより高め、さらに壊れたテープデッキのようなサウンドを作ることもできます。

Moby Dick V2のトーンは、テープエコーからアナログディレイまでの音色をカバーします。ディレイ自体はデジタルディレイチップを使用し、ヴィンテージディレイトーンでありながら最大約1000msまでのディレイタイムに対応しています。
タップテンポでディレイタイムを設定することもできます。