【ブログ】ヴィンテージ、フェンダースプリングリバーブユニットの音をコンパクトに。Catalinbread Topanga!

音の空間的な広がりを再現するためのエフェクト、リバーブ。そのサウンドを作るためには、様々な手法があります。

本物の空間、リバーブルームを使用する原始的な方法から、金属の板を使用するプレートリバーブ、そしてバネに信号を流して残響を作るスプリングリバーブ。

中でもスプリングリバーブは、ギターアンプに内蔵されていたこともあり、ギタリストにとって馴染み深いリバーブエフェクトです。

そして、古くからギターアンプを制作してきたフェンダーは、真空管で駆動するスプリングリバーブユニットでも知られています。

その極上のリバーブサウンドを再現したのが、Catalinbread Topangaです。

Catalinbread Topangaは、伝説のFender 6G15アウトボードスプリングリバーブユニットをベースに開発したリバーブペダルです!
6G15の持つドリップ、フラター、クラック、クラング、そして真空管のスプラッシュ、スプリングの響きまで、すべての要素をコンパクトペダルに納めました。
知る人ぞ知るサーファーの楽園、トパンガビーチの名前は伊達ではありません。

アウトボードスプリングリバーブユニットは、サーフギターの代表的なサウンドであると同時に、60年代の多くの偉大なギターサウンドの大きな要素です。
多くのFenderスタイルのアンプに内蔵されたスプリングリバーブと6G15との違い。それは、6G15が“アンプの前で”使われていたことです。リバーブシグナルがアンプで歪み、深みのある音色を作ります。

また、多くのアンプ内蔵のリバーブには付いていないDwellノブにより、ギターシグナルがスプリングへと伝わる強さを調整。同様にToneノブでリバーブの音色を調整できます。また、6G15は実質的にチューブプリアンプでもあるため、その音色がアンプにも影響します。
それこそ、6G15ユニットが伝説となった理由です。完全に複製することは困難です。しかしCatalinbreadはやりました。Catalinbread Topangaは、6G15の持つすべての要素をペダルに組み込むことができたと実感しています。

さらに、内部のスイッチを切替えることでトゥルーバイパスとバッファードバイパスの切替えができます。
バッファードバイパス時はエフェクトOFF時に最後の残響がそのまま残ります。

LEP INTLCatalinbread, Reverb