【ブログ】Mooer GE200が支持されるのは、音が良いからだけではありません。圧倒的に使いやすい操作性も魅力です!

コンパクト、お手頃ながらハイエンドなデジタルアンプと肩を並べるサウンドクオリティとして人気のMooer GE200。特に現代的なサウンドやミドル~ハイゲイン、また幻想的なクリーントーンなど、ギターサウンドを精細で鮮やかに彩る音色は、このクラスのマルチエフェクターでは群を抜いています。

ですが、GE200が人気なのはそれだけが理由ではありません。このクラスのマルチエフェクターでありながら、プロギタリストまでが足元に置く理由は、サウンドクオリティだけでなく操作性にも高く、目的の音色にたどり着きやすいからです。

手前に並んだボタンがそのままエフェクトブロックを表し、即座にアクセスできます。CHAINボタンを押せば、現在の接続順が即座にカラーディスプレイに表示され、ここで接続順を入れ替えることもできます。

エフェクトブロックのボタンを押せば、ブロックのON/OFFだけでなく、パラメータ画面にも即座にアクセス可能。VALUEノブを動かしたり押すだけの簡単操作で音色を深く作り込むことができるのです。

プリセットは簡単に呼び出し可能。さらにプリセットの中でタップテンポの設定や、設定した一部エフェクトブロックだけをON/OFFする操作など、ご使用方法に合わせて様々な設定が可能。右側のエクスプレッションペダルも、単にワウやボリュームペダルとしてだけでなく、様々なパラメータを好きな範囲で細かく割り当てることもできるのです。例えば。踏み込むほどゲインが上がり、同時にハイがカットされ、ディレイタイムが長くなっていく、というような複雑な操作も、簡単に設定できます。

マニュアルを見なくても即座に音が作れるほど簡単な操作性でありながら、普通のコンパクト・エフェクターでは不可能なほど深く音を作ることもできる。さらにサウンドクオリティが高い。だからこそ、GE200は人気なのです。

LEP INTLMooer, Multi effector