【ブログ】簡単タンブルサウンド!オーバードライブとしても使いやすいMojo Hand Fx DMBL!

ロベン・フォード、ラリー・カールトン、SRV……多くのトップギタリストが使用し、伝説とされるカスタムアンプ、ダンブル。アーティストの要望に合わせて制作されるそのアンプのトーンには、独特の共通点があります。

その多くがヴィンテージブラックフェイスアンプを基本としているからか、それともビルダーの個性なのか、それは分かりませんが、圧倒的なレスポンスの速さと重厚なミッド、かつすっきりとしたサウンド。

そんなダンブルトーンを再現するペダルの多くは、それ自体がアンプのサウンドを作るためのペダルです。

Mojo Hand Fx DMBLも、そんなダンブルペダルの1つですが、このペダルの最大の特徴は、あくまでもオーバードライブであるところではないでしょうか。ダンブルサウンドを作るためのペダルとして使うことはもちろんできますが、それだけでなく、アンプやギターのトーンを活かし、ダンブルの風合いを付けながら脇役として徹することができるのです。

「究極のオーバードライブトーン」と言われる、極上のドライブサウンドを作るためのエフェクターです。
スペシャルなオーバードライブとして多くのギタリストが渇望するその音色を作るアンプは、ごく限られたプレイヤーしか入手することが出来ません。
リッチな倍音成分、やわらかなローエンド、そして重厚なミッドレンジ。そして圧倒的なレスポンスの速さ。
DMBLは、これらの条件を実現し、オーバードライブの聖杯を掴み取るため、回路全体に渡りファインチューンを繰り返しました。
「伝説」に触れることのできるオーバードライブです!