【ブログ】音よし、機能よし、使い勝手よし!宝石のように至高のオーバードライブ!VAHLBRUCH Jewel Drive!

_DSC1445.jpg

使いやすいオーバードライブとは。音が良いことは大前提です。ですが、単にノブが多い、機能が多い、作れる音の幅が広い、というだけでは使いやすいとは限りません。

むしろ作ることのできる音はそれほど多い必要はありません。すべてのプレイヤーが最高と思うペダルを目指すのは不可能なことです。

必要なのは、最高の音色であり、そのキャラクターをしっかりと持ちながら、会場ごとの微調整やレコーディングでの表現力に耐えうる操作性を持ち、ステージで、スタジオで、様々な場所で使いやすいペダル。それこそ、使いやすいオーバードライブと言えるのではないでしょうか。

VAHLBRUCH Jewel Driveは、一見ノブが多くて多機能系ペダルに見えます。確かにコントロールノブで多彩な調整ができ、ブーストも搭載、そのブーストもゲインとボリュームを調整できるという高い操作性を備えています。

同時に、そのキャラクターはつねに一貫しています。そのサウンドはクラシックでスタンダードなドライブサウンドですが、Jewel Drive特有の質感、音の表面がなめらかで奥行きのあるサウンドはつねに崩れることはありません。

奇抜でユニークなアナログサーキットをもつこのジュエルドライブは、芳醇に、しかも複雑に絡み合う美しいトーンを奏でます。
あなたのアンプの前にオーバードライブペダルのようにジュエルドライブを設置すると、あなたはローボリュームでも素晴らしいクランチトーンを得ることができるでしょう。
またクリーントーンのダイナミクスもワイドに変化し、トーンを変化させることなくリッチで豊かなハーモニクスを得ることができます。


一般的なペダルと同じくこのペダルはドライブ、トレブル、ボリュームなどのコントロールがありますが、ユニークなノブとして’ティンブル’ノブを設置しました。
このティンブルノブをコントロールすることによって内部の複数のサーキットのパラメータが変化するように設計されています。これによりスペクトラムミッドレンジを調整することができ、倍音構造を変化させ、より立体的なトーンを引き出すことができます。
なお、+ノブは純粋にゲインとボリュームを上げるためのスイッチになります。ソロ演奏の時などに活用することができます。

どうしてもノイズというものが気になりがちでしたが、このペダルではそのような心配は皆無です。ライブプレイ、レコーディングに専念することができるでしょう。

LEP INTLVahlbruch, OverDrive