【ブログ】超小型、骨太サウンドのベースを作る!One Control Blue 360 AIABを動画で体験!

超小型で様々なアンプサウンドをハイクオリティに再現する、One ControlのAIABペダル。ジャコ・パストリアスやLED ZEPPELINの使用でも知られる、独特のスタイルをした70年代のベースアンプ、Acoustic 360/361のサウンドを再現するのが、Blue 360 AIABです。

細かな設定やその時のサウンドを解説された動画を作っていただきましたので、是非ご覧ください!

Blue 360 AIABは、“360”プリアンプユニットをクリーンに設定し、EQをフラットにしたトーンを基本に開発しています。

伝説のベーストーンは、完全なクリーンではなく、わずかに歪みながら音程感を失わないダイナミクスレンジを維持したトーンです。簡単に1000Wクラスの出力が得られる現代のハイテクベースアンプではなく、当時の400Wトランジスタアンプが生み出した、“わずかに歪んだベーストーン”は、それ自体がロックベーストーンのアイコンとなり、あのブリブリとした“360”の音色として知られ、そして目標とされました。

Blue 360 AIABは、トラディショナルで最高のロックベーストーンを作ります。
現代のベースアンプやDIからのラインアウトでも当時の音色を作ることができるよう、新たに設計した3バンドイコライザーを搭載しています。
Blue 360 AIABのMIDを下げれば、簡単にクラシックなベーストーンを作ることができ、VOLを上げればわずかな歪みと倍音を加えることができます。
モダンなハイファイベースアンプでは、アンプ側のツイーターを使用せず、Blue 360 AIABのTREBLEを上げることでクラシックなベーストーンを作ることができます。