【ブログ】60s小型チューブアンプに搭載された、トレモロサウンドを再現。Catalinbread Valcoder!

_dsc1370.jpg

1960年代、トレモロエフェクトはアンプに欠かせないエフェクトの1つでした。そう、リバーブと並んで。

当時のアンプに搭載されたリバーブといえばスプリングリバーブ。ではトレモロといえば?
現在に続くギターアンプの始まり、ツイードと呼ばれたアンプには、ハーモニックヴィブラートという個性的なサウンドのトレモロエフェクトが搭載されていました。これは美しいサウンドですが、現在の一般的なトレモロエフェクトとは違った音色です。

その後、真空管パワーアンプのバイアス電流をLFOで制御して上下させ、パワーアンプのゲインを動かすようにして音量を可変するバイアストレモロが一般的となりました。一般的ではあるのですが、アンプそのものの構造と一体化しており、後から取り付けたり取り外したりするには大改造が必要となります。

その後、フォトセルを使ったオプティカルトレモロが一般化していきます。

Catalinbread Valcoderは、パワーアンプと一体化したトレモロ。バイアストレモロ/チューブトレモロを再現するコンパクト・エフェクターです。

Valcoderは、60年代のValcoチューブトレモロ回路からインスパイアを受けて制作した、ディスクリート・アナログLFO回路を搭載しています。DepthとRateノブを低く設定すれば、特に、フロントピックアップで複雑なコードのプレイングに最適な、スムースで分離感の強いトレモロサウンドが得られます。
そしてDepth、Rateノブを高く設定すれば、ハードなリズミックチョップトレモロとなり、歪みが加わった緊張感と勢いのあるトレモロサウンドが得られます。

Valcoderは、ダイナミックでレスポンスの高いJFETベースのオーディオパスを備え、底にヴィンテージチューブアンプスタイルの軽いコンプレッションが加わります。
Inputノブを高く設定することで回路のフロントステージの出力が上がり、コンプレッションがより強くなります。そしてOutputノブで、ユニティゲインやブーストの設定が可能です。

Valcoderは、さらにヴィンテージサウンドのフレーバーを持つブースターとして使うこともできます。
Depthノブを最小に設定し、InputとOutputを最大にすることで、暖かく、ザラッとした軽い歪みが加わる、+10dB程度のブースターとなります。Outputを調整することで音量も自在に設定できます。
音色にヴィンテージサウンドの雰囲気を加え、音を前に出すようなパンチを付加したい時、常時ONのブースター/プリアンプのようにお使いいただくこともできます。